« 上野大滝林道(現地) | トップページ | 水族館限定フィギア »

海の名前

DSCN0078.JPG
~水のない晴れた海~

昨晩はひどく明るい夜だった。
見上げれば、その青白く冷たい光が、網膜を射られたかと錯覚するほどの鋭角かつ圧倒的な光量をもって、中天から熱を持たない光線を地上に照射していた。
まぶしいほどの満月は、ときとして狂気を感じさせる。また、なぜか、満開の桜にも似たような狂気を感じることがある。どこかでそんなイメージの刷り込みを受けたのかもしれない。

昨晩の月は満月、今晩は十六夜月となる。まぶしい月も、真っ白な円盤ではなくて、明暗の模様がある。特に白く光り輝く部分は、地上の地形に例えれば山地や高原。それに比べてみると暗く、青黒くも感じられる部分は海洋底。よく知られるように「うみ」と呼ばれている部分である。

地質成分による反射率の違いで、明暗が分かれているが、その各々の地形が形成された年代も、山は古くて海はそれより新しい。どうやってこれらの地形が形成されたのかは興味もあり、諸説乱立するところでもあるが、海はほぼ溶岩が噴出した物とされている。また、不思議なことに、いつも地球に同じ側を向けている月にあって、その裏側は地上から見ることはないわけだが、そこにはほとんど海がないのである(外縁部を除き小さめの海が1つのみ)。

月の海は、その形状が、明暗によりはっきりと裸眼でも見て取れるため、世界中の国や民族によって、古くから様々なものに例えられてきた。
日本なら餅を搗くウサギがもっとも一般だが、「カニ」や「女性の横顔」などという例えも、そう思いながら眺めると、なるほどと頷けるところがあって、感心することもある。

さて、この月の「海」と称される地形部分は、水がなく晴れた海・・・乾いた海である。けれども、なんとはなしにイメージはぴったりである。そして、その個々の名前そのものもなかなか悪くない。
アポロ11号により人類が初めて月面に降り立ったのが「静かの海」、ほかに「豊かの海」や「晴の海」「雨の海」「危難の海」そして「嵐の大洋」などなどである。
ほかにも、海の一部分の名前として「虹の入江」であったり「霧の浅瀬」であったりと、総じていずれもロマンチックな名前が付けられているといえる。このあたり、やはり月というものに対する、古来からの人々が持つイメージから来るものなのだろうと思われる。

|

« 上野大滝林道(現地) | トップページ | 水族館限定フィギア »

コメント

ようやく登場、「~名前」シリーズと思いきや
ニクいところに主眼をおきましたね。
経絡秘孔を突かれた思いです(笑)

海ではなく山の話になってしまいますが
月は地球に比べてずっと小さいくせに
望遠鏡写真等でみる山々は
日本のそれより大きく高いとか。
昔、コペルニクス山の形状に魅かれておりましたよ。

投稿: | 2004.04.07 07:51

毎回楽しみな「名前」シリーズ。
今回は『月』。


だいぶ丸くなってきたなぁ~って、日曜日に思っていたら昨日が満月だったのね。今晩は十六夜月なんですね。

岐阜は午後からうす雲が・・・夜は崩れる予報。
きれいなお月様は期待できないようだわ。

と、「名前」で前から気になっていたんですが
代官さん、どうしてお肉には花の名前がついてるのでしょうか?ぼたん、さくら、かしわ・・・
ご存知でしたら教えてくださいませm(__)m

投稿: umi | 2004.04.07 13:17

>さすがに「ほ」さん、このあたりの話題にはピクリと来るでしょう。
コペルニクスですか、なるほど、なるほど
山の方は海と違って、実在、仮空を折り混ぜて、人名が付いているのですよね。
コペルニクスといえば、満月前後になると目立つ光条が有名です。
光条はほかにティコやケプラーで目立ちますが、光条は不思議な存在です。
満月は、天体観察的には起伏が分かりずらくなるため見物に欠けますが、光条だけは目立ってきます。
この光条がなぜ見た目上、満月ころに発達するのか、おもしろ味のある現象ですね。


>うみさんには、とっても難問の宿題をいただいてしまいましたね。
残念ながら、その答えははっきりは分かりません。
馬肉は、その新しい肉の色からサクラといわれるのが普通ですが、他にも桜の時期に一番美味しいとか、「咲いた桜になぜ駒つなぐ」のことわざ?からきたとか諸説あるようですが、そのほかの猪肉や鶏肉のボタンやカシワは、所以など聞いたことはないですねえ。
それに、それらがみな花や植物名であるのが、1つの理由によるのかたまたまなのかも良く分かりません。
どなたか、ご存じないでしょうかね。

ほとんどイメージによる命名である気もしますし、何かの隠語とかいうこともありそうですけれど。

投稿: 代官 | 2004.04.07 23:42

代官さん、ありがとうございます。
花や植物のきれいな名前がついてたのでちょっと気になったもので。

昨晩は雨でやはりお月見は出来ませんでした。

投稿: umi | 2004.04.08 13:15

はじめまして、代官さん。

ゆうなさんとこで、カナヘビを隣家にやったと言ってた 
つきのこ です(笑)

月の海の話題だったから、つい散歩の足をとめてしまいました。

いろいろなイメージがあるけれど、私は月が好き。海に素敵な名前がついていて、嬉しい気がします。
水がない海、晴れた海って、いい表現!

投稿: つきのこ | 2004.04.08 23:49

つきのこさん、はじめまして
moon-childとは、前からよいHNだなあと・・・
(キング・クリムゾンとは関係あり?)
いつも、凝った画像をUPされていますね
幻想的な月の画像などみせてくださいね
そのうちコメントなどでもお邪魔しますね。
ここは、テーマが林道=自然なんで、
少々離れますけれど、たまには月や星も
書いてゆきます

投稿: 代官 | 2004.04.10 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/405320

この記事へのトラックバック一覧です: 海の名前:

« 上野大滝林道(現地) | トップページ | 水族館限定フィギア »