« 水族館限定フィギア | トップページ | ツーリング(現地) »

アミガサタケ

N20040410_0001.JPG
~林道からのお土産~

今日は絶好の行楽日和、今週末は人出も好調なことだろう。
行楽日和ではあったのだが、不本意ながらそれは明日に回して、今日は先週の群馬の山での車の汚れを落とさなければならない。
いつも、林道をタップリと走った後の洗車では、車の下回りからバケツ半分近い泥が出る。泥と言っても汚れ物ではなく、砂のようなきれいなものだ。

いつも自宅前の道路で洗車するので、その砂をそのまま放置するわけにはいかない。バケツに拾い集めて自宅内に捨てる。砂の質は走ってきた林道によってかなり違いがあり、つまらぬことながら、最近は少々目が肥えてきた。

さて、その砂だが、きまって自宅倉庫の裏手の庭に撒くのだが、今日も洗車後に砂を撒きに行くと、おや?
スモールサイズのつくしのようなものが地面から生えているではないか。近づいてよくよく見ると、キノコの「アミガサタケ」

このキノコは、春に顕著で雑木林や庭木の下などに生え、欧米では食用にするが、毒がないわけではなく、生で食べてはいけないらしい。しかし、フランスでは「モリーユ」という一級の食材に数えられると聞く。かごの目のような頭部の中は空洞で特徴的ですぐ見分けられる。

このキノコ、決して都市部や人家で見られないものではなく、むしろ身近なものではあるのだけれども、我が家の庭では今までまったく見たことはなかった。

思うに、毎週のごとく林道から運んでくる砂の中に、このキノコの胞子が混ざっていたものではなかろうか。そう、あの位置は、たぶん房総の林道を走った砂を捨てた場所・・・

|

« 水族館限定フィギア | トップページ | ツーリング(現地) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/421279

この記事へのトラックバック一覧です: アミガサタケ:

« 水族館限定フィギア | トップページ | ツーリング(現地) »