« 鳥の眼 | トップページ | いつか見たいもの »

ヤマメ(山女魚)

05170092.JPG
~澄んだ水の住人~

沢沿いを走るとき、渓流釣りを楽しむ方に出くわすことは少なくない。それが彼らのフィールドなのだから当たり前だけれども、林道では、人に出会うこと自体が少ないのである。

さて、渓流の魚といえば、私は東日本に住むこともあって、まずはヤマメを思い浮かべる。
漢字で山女魚と書き渓流の女王とも形容されるが、とくに夏季の美しさはその名にふさわしい。
ヤマメの住む川は北海道と本州では太平洋側で酒匂川(神奈川)以北と、日本海側、九州にも少々というところで、神奈川以西の太平洋側と瀬戸内沿い周辺のアマゴとは種も近く、共に渓流釣りの好対象になる。食べても美味いのがより釣り人の層を拡げている。

ヤマメはサケ科の魚であるが、この仲間の生態を知るうえで、欠かせないのが降海型と陸封型というもの。

ヤマメは本来は海に降りる魚であったものが、環境の変化などでそうできなくなり、一生を淡水で生きるようになった陸封魚である。そして、ヤマメが海まで降りた場合にはサクラマスになるということは、この魚に馴染んだ方には当然かもしれないが、とても一般に広く知れ渡ったこととはいえない。

ヤマメだけでなく、本来は淡水と海とを往復する生涯をもつサケ・マスの仲間は、同じ魚でありながら、海に降りるものと降りないものといて、それが、まるで別種のような扱いを受けているものが多い。いや、見た目も随分違っているのでそうなって当然なのだが。
よく知られたところでは、アマゴが海に降りたらサツキマス、ヒメマスがベニザケ。北アメリカから移入されたニジマスも本来的には降海する。降海したものはスティールヘッド・トラウトと呼ばれると聞く。

このように、サクラマスの子はヤマメだが、ヤマメの子はみなサクラマスにならず、川に残ってヤマメの成体になる。非常に不思議で興味深い生態であるが、幼生形態のまま成体となるといえば、両生類のアホロートル※にも幼形成熟いう幼生の形態のまま親になる生態が知られることを思い出す。サケ科の魚たちのそれを幼形成熟という言葉では聞いたことがないが、こうした生態のメカニズムは別のものなのだろうか。

※ウーパールーパーとも俗称されるメキシコ産のサンショウウオ。体が真っ白なアルビノを呈していて、エラが付いたまま成体になり、一生水から出ない。

|

« 鳥の眼 | トップページ | いつか見たいもの »

コメント

ウーパールーパーってサンショウウオの
お仲間なのですね。一時ブームになって・・・
そういえばエリマキトカゲも。。。
何か、かわいそうでした。

投稿: ゆうな | 2004.05.31 22:11

そうですね。
日本人の流行りってのは、どうも好きになれませんね
ゆうなさんもそうだったかな。私は流行モノにかなり抵抗があって
お店で、「これ、よく売れてますよ~」なんていわれたら、絶対買いませんから、お店としては逆効果です。
「これ、ほんとはいいモノなんだけど、あまり売れないんだよね」がベストです。
あ、関係ない話でしたか・・・失礼しました。

関係なしついでに、
少し前、本家のレポに載せたんですが、「ヒトリシズカ」って綺麗な花ですね。

投稿: 代官 | 2004.05.31 23:39

さわやかな初夏の画像が沢山ですね。
週末はお元気ですね(^.^)
フタリシズカまでらしいけど、たまに
サンニンシズカも見たことが・・・
ヒトリシズカは昔の市川の松戸寄りの辺りに
沢山ありました。

投稿: ゆうな | 2004.06.02 21:17

ゆうなさん、こんばんは

>週末はお元気ですね
なあに、平日も元気にちゃんと仕事しています
ですが、やはり、休日が本来のライフワークですから
でも、その言われ方って
なんだか健康を気遣われている年寄りになった気も(^_^;)

サンニンシズカってフタリシズカの3本もののことですか?
フタリシズカは、すこしオトナシメな気がします。でもうちの近辺ではあまり見かけませんねぇ。一人も二人も。
「二人静」ってお酒ならありますけれど・・・

投稿: 代官 | 2004.06.03 23:58

あ~私がくたびれてしまって休日に山歩きをする気力が
ないもので・・・年ですね~(;^_^
ついこないだまでは、海や山に行くのが楽しみだったのに
今日も寝てました(雨だからかな?)
フタリシズカは三人以上になったのをたまに見ますね。
高尾山に見に行きたい・・・最近は歩かずにリフトです。

お体を大切にしてお互い、夏の自然を楽しみましょうね。
明日からまた、頑張ろう!・・・と、自分に気合をいれる。
美しい自然の画面を見せていただきましてホット致します。

投稿: ゆうな | 2004.06.06 20:15

ゆうなさん
そうですね。まあ、「元気」も本当の健康だけでなく、気持ちの持ちようが大きいですからね。
家にいて、「ウウム・・・だるぃ~」と思っても、山に行くとすぐ元気出ますよ。

イチリンソウもニリンが多い気がしますが??

投稿: 代官 | 2004.06.07 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/671678

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマメ(山女魚):

» むかしやまめの旅へ...... [『マニアの花道』]
むかしやまめへの想い [続きを読む]

受信: 2004.07.13 15:17

« 鳥の眼 | トップページ | いつか見たいもの »