« カヌーの楽しみ | トップページ | 雲の影 »

自分の体調・車の体調

05020019.JPG
体の一部と似た感覚をもつこと

どうも最近、快活ではない。
消化器系が弱いのである。長い間付き合ってきた体なら、ある程度の変調は、敏感に感じ取る。
食前の空腹時になると、「やや違和感」というレベルから、はっきりした「痛み」に変わってゆくのはそう期間を要さない。その間に手を打てば改善されて平常に復帰することもできる。しかし、判っていても放っておくと、ひどい目に合う。

連休の合間に、車の気になっていた部分を幾つか点検した。

自分の車が、乗っているだけでも自分に伝えるもの。音・振動・におい・触感・動的反応。
これらは、自己の体と同様に、慣れ親しんでくると、「いつも」との違いがはっきり感じられてくる。そして、「やや違和感」のレベルで手を打たないと、ひどい目にあうことがあるのも同様だ。
「やや違和感」には必ず原因がある。

コーナーを曲がるときの微妙なハンドリングの抵抗感。加速時の僅かな雑音。微妙なアクセルの重さ。ふと停車したときのアイドリング音。巡航時の異臭や微振動。
こうした人の五感に伝えてくる信号一つ一つのを、やり過ごすことなく、原因を取り除くことは、車の維持と共に、自己または第三者の安全に不可欠とあらためて感じた。

|

« カヌーの楽しみ | トップページ | 雲の影 »

コメント

五感は大切ですよね。

昨晩ディフェから降りようとドアを開けると
モーター音のような『変』な音がするではないですか?
なんだぁ~!って考えているとエンジンが止まって判明。

・・・・・・虫の鳴き声でした。

自分の体調もディフェの体調も
ちゃんと判断してあげれるよう、五感を研ぎ澄ませていないといけませんね。

投稿: umi | 2004.05.07 12:07

代官さん、こんばんは!

私も、胃が弱い人間です。なので、逆に人一倍気を使ってます。

自然に、どこまでくるとだめか、こういう時は何を食べておけばいいか、わかるようになります。

すべてそうですよね。車もそう。
「ここで気をつけておけば」をおざなりにすると、後が大変。

気持ちよく走るためにも、いつも五感を研ぎ澄ませて走って下さいね。

投稿: つきのこ | 2004.05.08 00:50

umiさん
「モーター音のような変な音を出す虫」なんだろ?
気になりますね。今の時期ではコオロギの類はいませんし、ケラとかかしら?
コオロギといえば、米大統領の何人かは使っていた「クリケット」という手巻きアラーム付き腕時計、私のライフスタイルには合わないので手は出していませんが、欲しい時計です。
手巻きのため、コロコロとカワイイ音で鳴くんですよ。

つきのこさん
なんと、つきのこさんも胃がなんでしたか、つきのこさんはきっと表には極力出さないけれど、中面が非常に繊細な方なんじゃないかなって勝手に思ってます。胃が痛むのって、よく言われるように、あれこれ考える神経的なストレスが大きいのでしょうか?自分の場合、潰瘍との付き合い方は、だいたい判りましたが、原因の方は、神経的なものと刺激物の摂取の2つあたりが考えられても、いまいち、どちらが原因なのかつかめません。他に細菌とかの原因もあるのかしら。


投稿: 代官 | 2004.05.08 07:28

代官さん、こんばんは!

胃の事ですので、ついついダブルレスです (^^ゞ

私の場合は、仕事のストレスが一気にかかった事による心身症の一つでした。
どんな胃の薬を飲んでも治らず、ずっと吐き気や食欲不振に悩まされて。
いくら検査をしても「異常なし」 困りましたよ~ (-"-)

ストレスの原因が軽減されると共に、元気になってきました。
それでも今も胃の薬は飲んでいます。ピロリ菌を除去する働をするものも混ぜ込まれているものです。
ピロリ菌って、胃潰瘍の一因としてあげられてますよね。もともと胃の中にあるけれど、それが多い人はなりやすいって。
ストレスを受けやすいので、誘発要因も除去しておこうという考えみたいです。よく飲み忘れるくらいだから、今はいい傾向かな (^^♪

投稿: つきのこ | 2004.05.08 22:56

3年前に胃に穴が開き会社を辞めました。 社内の病理診断ではノイローゼ。
月間10日足らずの自宅(日本)滞在生活と年間30億の個人予算ですっ。
気分転換に遊びに行ったオーロラのフィンランドで見た110を買い、
会社を辞めて楽しようと思ったあたしは脱落者です。
起業したもののサラリーは半分。。。

でもこの3年でそのクルマを通して
掛け替えのない友が沢山できました☆
人生徒然。

投稿: みきっぺ・D | 2004.05.09 00:52

つきのこさん
胃には、だいぶ悩まされているんですね
これは、本当に一生モノですよね
一度直ったからって、おしまいではないのが辛いところ
私、健康には、ひどく無頓着なんですが
消化器薬とピロリ菌のために「もずく」は欠かさないように
することだけは気をつけています。
「もずく」は幸いもともと好物なのでうれしいくらいですが・・・

みきっぺ・Dさん
あらら、思わぬことから知られざるお話を伺いました
かなり意外ですが、随分、苦労をされていたのですね
けれども、その転機で訪れたいまの人生は
本当にかけがえのないものになっていて
結果的には、たいへん良かったのではないでしょうか
一寸先は、わからないものですね
わたしも、お知り合いになれて幸いですが
それだって、いろいろな「たまたま」の積み重ねですよね


投稿: 代官 | 2004.05.09 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/547637

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の体調・車の体調:

« カヌーの楽しみ | トップページ | 雲の影 »