« ハスの花・夢 | トップページ | アブラゼミの季節 »

ウグイ

N20040725_0008.JPG
~房総の林道で見かけたウグイたち~

房総の山は低山で、山奥の沢は清流には違いないが、高山のそれとは異なってもうすこし土の匂いがする。
林道脇で綺麗な沢を見つけると、車を止めて沢の脇を歩いてみるが、房総の沢で覗き込んだ水の中の住人で、一番目立っているのがこのウグイである。

つい先日も房総の林道を走っていて、脇を流れる沢をふと覗き込むと、腹部にややオレンジ色をにじませたウグイの群れが目にとまった。産卵期である春~初夏には腹部が強い朱色、併せて背部に黒いラインも現れて、アカハラなどとも呼ばれることがある。
ウグイは日本全国たいていのところに住んでいて馴染み深い魚だと思う。私が子供の頃は、周辺ではハヤと呼ばれて親しまれていた。さして大きくはならず、20~30cmもあればかなりの大物だ。

しかし、以前の「ヤマメ(山女魚)」の記事で書いたような、サケの仲間の魚とも似たところがあり、コイの仲間であるウグイにも海を回遊するものと、一生川を出ないものとがいるのは案外知られていない。普通に知れているのは海に出ない20cmくらいの個体で、どんなに大きくても30cm~35cmどまりであるが、海に出る仲間・・・正確には普段海にいて、産卵期に川を遡上する仲間は、50cmを越えるというから、ウグイのイメージとは随分異なるだろう。

いつも車に竿を積んでいるので、うき釣りを試してみることもあるが、竿が短くてまったく警戒されてしまい糸に反応がない。かなり、臆病な性格の魚なのである。

|

« ハスの花・夢 | トップページ | アブラゼミの季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/1058931

この記事へのトラックバック一覧です: ウグイ:

« ハスの花・夢 | トップページ | アブラゼミの季節 »