« ドングリの仲間の分類 | トップページ | 地球ゴマ »

特定外来生物被害防止

02280010.JPG
~オオサマオオツノハナムグリ~

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(「特定外来生物被害防止法」と略称される)が6月に公布され、10月には基本方針が示されて、来春に施行となるようだ。

この法律は、生態系の被害を防止することで、①生物の多様性の確保、②人身の安全、③農林水産業の健全な発展を目的としていて、そのために「指定した外来生物」について、育成や運搬などの扱いを規制し、防除措置も講ずるというものである。

これを受けて、主管庁である環境省が指定生物の選定に着手したが、ここで以前に取り上げたオオヒラタクワガタやブラックバスのような外来生物がその対象となってくるものと思われる。

しかし、例えば、オオヒラタクワガタなら、こうした昆虫飼育の愛好家やペットハウスは指定に反対するだろう。適正な飼育下なら何も問題がないはずだと。また、ブラックバスなら、フィッシング愛好家や釣り関連業者から、生態系への影響は実証されていない。いまさら駆除は困難。およそ、そうした反対があるだろう。

現実問題を離れて、生物の多様性を大命題として据えるのなら、すべての外来種の意識的移動はするべきではない。そのなかで、この種は可、この種は不可とする意味はないはずだけれども、現実社会ではなかなかそうもいかない。人が経済活動を行なう上で利害に関することがらであり、白か黒かは彼らにとって重要であるし、法令的な手法として列挙明文化するのが最も明確な定義の仕方でもあるわけだから。

「法律」というのは、人の健全な生活を主軸とするのであるから、こうした法律も実際には①生物の多様性の確保よりも②や③の方へシフトしがちなことは容易に想像できるし、それも、やむなきこととは思う。
けれども、「人の経済活動」と「自然維持」を同時にバランスすることは難しい。しかも、「人の経済活動」のほうは、禁じられても制止できない影の部分があり、一方、「自然維持」のほうは、一片の破綻から簡単に大崩壊もありうるという脆さがある。

この法律は、実はこの法律内で、①対②③の競合を調整することが本命になってしまうことにはならないか。

「人の経済活動」と「自然維持」、私個人は、この経済社会で現実問題を見据えて相対するとき、少なくとも「経済利益のために自然を揺るがすことは許さない」ことを大命題として、「適正に扱えば・・・」などのような日和見レベルでなく、生態系への影響がすこしでも懸念される・・・つまりは、指定でなくすべての外来種を規制すべきではないかなと感じる。
ここでは詳細は書かないが、例えばある農業手法に外来生物を利用したものがあり、規制があると大きなダメージを受けるが、その経済的ダメージ
は、私が思うには人の贅沢部分(効率追求)であって、それがないと、生計には大ダメージはあるだろうが、残念ながら人が直接に命を落とすほどでないならば保護する気になれない。


~特定外来生物被害防止法(冒頭条項抜粋)~

(目的)
第一条 この法律は、特定外来生物の飼養、栽培、保管又は運搬(以下「飼養等」という。)、輸入その他の取扱いを規制するとともに、国等による特定外来生物の防除等の措置を講ずることにより、特定外来生物による生態系等に係る被害を防止し、もって生物の多様性の確保、人の生命及び身体の保護並びに農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて、国民生活の安定向上に資することを目的とする。
(定義等)
第二条 この法律において「特定外来生物」とは、海外から我が国に導入されることによりその本来の生息地又は生育地の外に存することとなる生物(以下「外来生物」という。)であって、我が国にその本来の生息地又は生育地を有する生物(以下「在来生物」という。)とその性質が異なることにより生態系等に係る被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがあるものとして政令で定めるものの個体(卵、種子その他政令で定めるものを含み、生きているものに限る。)及びその器官(飼養等に係る規制等のこの法律に基づく生態系等に係る被害を防止するための措置を講ずる必要があるものであって、政令で定めるもの(生きているものに限る。)に限る。)をいう。
2 この法律において「生態系等に係る被害」とは、生態系、人の生命若しくは身体又は農林水産業に係る被害をいう。
3 主務大臣は、第一項の政令の制定又は改廃に当たってその立案をするときは、生物の性質に関し専門の学識経験を有する者の意見を聴かなければならない。

|

« ドングリの仲間の分類 | トップページ | 地球ゴマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/2084253

この記事へのトラックバック一覧です: 特定外来生物被害防止:

« ドングリの仲間の分類 | トップページ | 地球ゴマ »