« 金星の落とす影 | トップページ | つめたい雨2 »

イルミネーション

N20041209_0001
~幻影的なイルミネーション・フィギアを入手した~

歳末となり、街はイルミネーションで溢れてきた。巨大テーマパークから商店街、そして路地裏の新興住宅地まで、冬空の下、夜の街に出れば、キラキラと吸い寄せられそうな光の粒子が様々な色の光を放ち、あるものは不規則に、あるものは整然と形を作り、本来なら心細さを誘う冬の夜を彩っている。

イルミネーションという、人の心の何かを感動させる仕掛けがつくられたのは、16世紀のドイツとも言われるが(マルティン・ルターの考案というのが多数説)、もっと古い時期にも木々に火を灯すような習慣もあったようで、いずれにしても、現在の電飾モノ以前から、あのようなチラチラと瞬くような小さな明かりに、人は心引かれてきたということと思われる。

人の心を引くというものには、自然の中に何らかのその幻影の元があると考えるのが通例だが、それを求めれば、やはりそれは夜空に煌く星々の模倣ということなのだろうか。よもやホタルイカの発光を見て感動して・・・ということではあるまい(星よりイルミネーションにより近い気はするが、それを目にして心に焼き付けるのは、ほんの限られた方々だけである)。
星の瞬きには、生命の根源に繋がるような想いを抱かせる何かがあり、太古の昔から人々の憧れがあると思う。

※何度かこのblogでも話題にした、海洋堂の生物フィギアがコンビニの商品棚に並んでいるのを見かけた。それもミジンコのフィギアではないか。それが、イルミネーションで飾られた姿を想像するまでもなく、買い物カゴに直行させた。

|

« 金星の落とす影 | トップページ | つめたい雨2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/2304443

この記事へのトラックバック一覧です: イルミネーション:

« 金星の落とす影 | トップページ | つめたい雨2 »