« 彗星のもたらしたもの | トップページ | 霜柱 / しもばしら »

山の湯宿を守ってゆくということ

N20050110_001
~湯を沸かす蒔が青煙を上げる~

一週間ほど前、とある1軒宿の鉱泉を訪ねた。温泉ホテルや湯治場でもない、いたって質素な宿であり、私の旅にはよく登場するタイプの温泉宿であった。

宿を守るのは老夫婦。先代の宿主が亡くなり存続の危機にあったところを、この宿とその周辺の自然に魅せられていたいまの宿主が引き継いだのだという。

老齢のおかみさんの話を聞いた。若いころは今の私たち夫婦のように、しょっちゅう2人で車で出歩いていたようである。海岸や峠道、都心から全くの田舎まで。私たちと違ったのは、夫婦は山ではなく、海の見えるところに老後の居を構えたいと常々思っていたということと、私のような給与所得者ではなかったということだった。

山のない千葉に生まれ育った私には、かなり意外だったことがある。それは「房総に住みたかった。あそこには山も海もあるからねえ・・・」というおかみさんの言葉。こんな素晴らしい山々に囲まれた自然あふれる土地に住みながら、房総の低い山を「山」として見るのだ。私にとっては、房総の山もりっぱな「山」ではあるが、他県の山がちの地方の方が、家の裏山とさして変わらない房総の山を「山」と見るのだろうかと思っていたが、案外そうでもないのだと力づけられた気もする。

また、私は給与所得者で生活の場がある程度限定されているわけだが、将来そのしがらみが断ち切れたとき、このような環境に身を置くことが出来るだろうかという思いも生まれた。宿を守るということは、生活の場が「ある程度の限定」ではなく、その一箇所に静的に絞られることになるのだから。

宿主の夫婦は、老いてなお、本当に自然を慈しむ気概にあふれていた。宿の周辺を含む一帯の山々は、街からさほど離れたところではないが、すばらしく自然が残されている。
老齢のおかみさんとは、たいていは他愛ない昔話や世間話を交わしていたのだが、私が自分の趣味趣向もあって、蝶の話を切り出した。そのときのおかみさんの目の色の変化と、口調の高まり力強さには、一瞬ぎくっとしたし、真の心中を垣間見た気がした。

ともあれ、かつて、全国あちこちを飛び回り、いわば「積極的な動」的なライフワークスタイルを持っていた夫婦が、この宿を引継いで以来、日々欠かすことなくこの宿を守ってきたということ。それだけにとどまらず、この地の自然を心底守ろうという姿勢を貫いて、地域で行政にも強く働きかけるなど精力的に活動されたこと。いうなれば「積極的な静」的なライフワークスタイルに切り替えて、これまで充実した日々を積み重ねてきたことに、様々な思いを抱かさせられた。

老夫婦には、大変に失礼な話だが、2人は見たところ既に身体的には労務がつらい年齢と見受けた。いつまでも健康で宿を守っていってもらいたいという思いとともに、この夫婦が宿を維持できなくなったとき、それを引き継ぎ守っていける者が現れてくれることを願いたいと思った。
温泉宿を守るということは、宿とともに、湯も守っていかなければならない。まして、この宿は、自然との調和も守っていかなければならない重荷も背負うのだろうか。


|

« 彗星のもたらしたもの | トップページ | 霜柱 / しもばしら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/2590454

この記事へのトラックバック一覧です: 山の湯宿を守ってゆくということ:

« 彗星のもたらしたもの | トップページ | 霜柱 / しもばしら »