« ホタル・房総のヒメボタル | トップページ | スジグロシロチョウが林道を翔ぶ »

ホタル・近場のヘイケボタル

N20050626_003
~静かな光の出会い~

我が家のすぐ近くの水田まわりで見られるヘイケボタルを、少しじっくりと観察してみた。

ヘイケボタルの活動開始時間は、先日見学に行ったヒメボタルよりずっと早い。
日が落ちてから、さほど時間も経っていない19:30頃に水田へ降りてみると、まだ、空はうっすらと僅かな残照が残るのに、既にいくつかの光の粒が行き交っていた。

光はゆっくり点滅しながら、草地からフワリと舞い上がり、水路に沿って左から右へ一定の方向へ流れてゆくように見えた。だからといって、右方向へみな光が滞留してしまっているわけではないのだが、右から戻ってくる光はあまり目に付かない。

私はしばらく、そこで固まってしまったように見入っていたが、そのうち、草にとまっていた一匹の光の強さが増したような気がして、おやっ?と、そちらへ視線を移した。すると、近くの宙を舞うもう一匹のホタルが同じように光を増したかと思うと、草の葉の上にとまっているもう一方のホタルのところへふわりと近寄り、すぐに2つの光は1つ明るいの光となって、きらめきくようにそのまま瞬き続けた。

ホタルの光の交信と出会い、そして結ばれるひとこまは、一瞬の間の出来事ではあったが、ほほえましくも羨ましいような印象深いシーンであり、その映像は頭の中に深く刻まれた。

この近場のヘイケボタルの光、毎年絶やすことなく、ずっと残したいものだが、残念ながら、どうも少しずつ確実に減ってきているようにみえる。

|

« ホタル・房総のヒメボタル | トップページ | スジグロシロチョウが林道を翔ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/4776540

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル・近場のヘイケボタル:

» 東京にそだつホタル [東京ゲンジボタル研究所]
ホタル生態と生息環境や生息条件、飼育と保護について美しいホタルの写真と共に詳しく解説。そして、今後の里山とホタルの保護と保全、再生のあり方と方法を提案しています。是非一度、ご訪問下さい。 [続きを読む]

受信: 2005.10.06 20:47

« ホタル・房総のヒメボタル | トップページ | スジグロシロチョウが林道を翔ぶ »