« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

ツバメ巣立つ

N20050730_038
~一人前にはあと一息か、ヒナツバメたち~
仕事の平日は、恨めしくもカラリと晴れ渡っていたが、せっかくの休みとなると、なにやら浮かない空模様ではないか。やれやれ、またかと思いつつ、朝の空気を吸いにベランダに出ると、いつになくあたりが騒々しいのに気が付いた。

羽虫の大群でも発生して、餌取りのツバメが大騒ぎなのかしらとか思いながら、何だろうと家の周辺を見渡すと、電線に6羽の小ぶりのツバメがちょこんと揃って並んでいるのが目に留まった。
けれど、彼らは特に騒がしいわけでもなく、各々が、あたりを見渡したり、毛づくろいしたりとくつろいでいる様子だった。

はて、さっきの騒がしいのは彼らではなかったのか?そう思っている間もなく、くつろいでいたかのように見えた6羽のツバメたちがいっせいに「チーチーチー」と尋常でなく騒ぎ立てながら、その場で羽をばたつかせている。
スーっと黒い一筋が目の前を横切って、6羽の元に近づくと、騒ぎは一層けたたましくなった。

冷静な目を取り戻して、よく見れば、親ツバメが餌の小虫を運び巣を出たばかりのヒナたちに与えているのだった。ヒナツバメたちには、今日は初めての外遊日だったのだろう。ずっと電線の一箇所で動かずに親の帰りを待ち、かわるがわるに帰ってくる両親が餌を持って近づくと、我によこせとばかりに体全体でアピールしている。

その電線にとまっているのであれば、自らも飛べるのだろうに、まだ、餌を捉える術を知らないのだろう。ひたすら、他力本願で、かつ、堂々と餌を要求している。

それでも、数ヶ月前に孵ったヒナたちは、いまや自分で飛べるまでになって、今、巣を一歩出たところだ。それもまもなく、自分で採餌することも覚え、親からも離れて巣立ってゆく日が遠くはないのだろう。

比べてしまうのは、人の成長の遅さ。これはなんとも長いものだ。20年、下手をすれば30年以上たっても、まだ、子供と変わらないつもりでいる、抜け出せずにいる人間達が実際にいる。
生物学的には進化と幼形成熟化の問題というのもある。また、社会的には、ひとり立ちできない成人の増加の問題。
様々な人の成熟に関する問題が頭の中で錯綜した朝だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨季から夏季へ

N20050703_003
~雨季は元気だったが・・・~
アマガエルは、比較的乾いたところでも、じっと我慢して雨を待つ。昼の間は、葉の上などで体を小さく丸めている。
そう、これは表面積を最小限に抑えて乾燥を防いでいるのだけれど、それにしても、日が当たったりするところでは、少々暑すぎやしないだろうか。こっちが心配になる。
何日もカンカン照りが続いたりすれば、命を落とす仲間もいるだろう。もっと水辺に暮らせばいいのにと思いはするけれども、都市部で働く身であるのに、何時間も掛けて田舎から電車で通い体力を消耗する我が身に置き換えれば、それなり彼らもやむなき事情があるのだろう。
まだ、ハッキリした天気でもないが、陽射しの具合、空気の流れ、セミの声、ここ数日、本格的な夏の訪れが近いことを予感させる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スジグロシロチョウが林道を翔ぶ

N20050618_103
~モンシロチョウとはちょっと違う~

平地の野原、家の周りで見られる蝶で、最も普通に見られるモンシロチョウ。明るいキャベツ畑では、いつもモンシロチョウが飛んでいる。
しかし、山道など少しだけ陰の多いところに一歩入ると様相は変わり、モンシロチョウに代わってスジグロシロチョウがあたりまえに飛んでいる。これも同属の棲み分けというのだろう。

スジグロシロチョウは、一見したところではモンシロチョウとあまり変わらなく見えるかもしれないが、その名のとおり白い羽のスジが薄黒く、近寄ってよく見ると印象はかなり違う。
春から秋まで普通に見られる蝶で、必ずしも山や林だけでなく、家の周りや公園などでも見られ、よくモンシロチョウと一緒にされているようだが、少し暗めのところに飛ぶ白蝶は、実はスジグロシロチョウであることのほうが多いかもしれない。

明るい林間や渓流沿いの林道で出会う白蝶は、圧倒的にこのスジグロシロチョウであることが多い。林道ではとても馴染みの深い蝶なのである。
モンシロチョウの幼虫は、キャベツだったり、ブロッコリーだったりと、畑の栽培種を好んで食べるが、スジグロシロチョウの幼虫は、同じアブラナ科の植物でもイヌガラシやタネツケバナなど野生種のほうを好む。

それでも、近年は市街地が山林に入りこんできたこともあってか、生息地の競合もあると聞く。同じ植物周辺に両種が混在して飛んでいることも少なくない。スジグロシロチョウは、雄が独特のにおいを出すことで、雌に同種であることを認識させているようであるが、蝶の目から見て、モンシロチョウとの識別は簡単なのだろうか。それとも、匂いでの識別を図らねば難しいのだろうか。そのへんは、蝶になってみないとよくわからない。

この画像のスジグロシロチョウも林道でフワフワと飛んでいたが、こういう普通の蝶もじっくり見ると、興味深い行動をいろいろ発見できるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »