« スジグロシロチョウが林道を翔ぶ | トップページ | ツバメ巣立つ »

雨季から夏季へ

N20050703_003
~雨季は元気だったが・・・~
アマガエルは、比較的乾いたところでも、じっと我慢して雨を待つ。昼の間は、葉の上などで体を小さく丸めている。
そう、これは表面積を最小限に抑えて乾燥を防いでいるのだけれど、それにしても、日が当たったりするところでは、少々暑すぎやしないだろうか。こっちが心配になる。
何日もカンカン照りが続いたりすれば、命を落とす仲間もいるだろう。もっと水辺に暮らせばいいのにと思いはするけれども、都市部で働く身であるのに、何時間も掛けて田舎から電車で通い体力を消耗する我が身に置き換えれば、それなり彼らもやむなき事情があるのだろう。
まだ、ハッキリした天気でもないが、陽射しの具合、空気の流れ、セミの声、ここ数日、本格的な夏の訪れが近いことを予感させる。

|

« スジグロシロチョウが林道を翔ぶ | トップページ | ツバメ巣立つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/5023770

この記事へのトラックバック一覧です: 雨季から夏季へ:

» 雨季が去れば [四季の扉、九色の窓]
次第に本格的な夏の訪れの気配が見えてきた彼らにとっては、好きな季節が去り長くつらい日々が続くことになるのか【E5700+MC?10】 [続きを読む]

受信: 2005.07.18 19:29

« スジグロシロチョウが林道を翔ぶ | トップページ | ツバメ巣立つ »