« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

秋分と彼岸

N20050923_034
~彼岸花が咲く里道~

昨日、林道へ続く里道を行くと、小川に沿って彼岸花が点々と咲いていた。そうか、今日は秋分の日だったなあと思い出す。

秋分の日とは、昼と夜の長さが同じ日という言い方が一般で、厳密に同じくなるわけでもないのだが、太陽がこちら側、天の北半球から天の赤道を横切って天の南半球に移る時のを日付けである。
むろん、半年後に太陽は今度は南半球から北半球に帰ってくる。そのときが春分となる。
赤道上に太陽がいるわけだから、その日の出、日の入りは、ほぼ真東から昇り真西に沈むことになる。

一方、彼岸というのは元々は仏教でいうところの、悟りの世界のこと。こちらの世界を此岸というのに対してあちらが彼岸であり、仏教のことはまったく知らないが、こっちの岸とあっちの岸というようなものだろうか。

この天文の分野の「秋分」と、仏教の分野の「彼岸」が、どうしたわけか、今は一緒に扱われている。

まったく関係なさそうにも感じるが、それなりに深い関係があって、日本では春分と秋分の日がそれぞれ彼岸の中日(なかび)に当てられ、自然をたたえて生物をいつくしむ日、先祖を敬い偲ぶ日として、祝日となってさえいる。「日本では」と書いたのは、仏教行事の彼岸は、当然のように他の仏教国でも同様に行われていると考えがるのが普通だが、実は日本独自のものらしい。

さて、その秋分と彼岸の関係だが、昼と夜が同じで、昼夜半々というのが、仏教の中道精神を表すことや、極楽浄土である彼岸は真西にあるのだそうで、そうなると、真西に太陽が沈む秋分は、その方向、進むべき方向が示される日ということになるというあたりが、関係といえば関係であるようである。

いずれにしても、農業信仰上の暦も含め、長い歴史のなかで形作られてきた日本の習俗であるので、一言で片付くことではないのだろうが、暦と天文というものは非常に強く結びついていることの一例ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湿原

N20050918_057
~秋の田代山湿原を歩いた~

福島県と栃木県をまたぐ田代山林道は、ここ数年栃木県側で通行止めとなっていて、いまだ、再開の話しを聞かない。その福島県側を遡って、通行止となる峠手前まで上り詰めると、そこが田代山(1,926.3m)への登山口になっている。

昨日、機会あって初秋のこの山に登る機会があった。この山の特徴は頂上付近が広大な湿原となっていること。
こういう山は、他にも幾つか例があり、苗場山などは、その代表例といえる。「田代」も「苗場」も湿原を水田に見立てたもので、古の農業関連の信仰に由来する名前であろう。

この山頂周辺の湿原は、地形の傾斜などからみて、湖沼が陸化したものとは思えず、別の成因になるはずであるが、そのあたりは詳しくないので、そのうち、調べて見ようとは思っている。

さて、この田代山の湿原、2,000m近い標高に渡る風も肌に冷たく、背の低い植物群は一様にやや赤みを帯びて、秋の気配を濃厚に演出していた。
湿原は、初夏の花が咲き乱れる季節が一番とは思うが、これはこれで味わいのある景観である。寒い季節の訪れが一足早い高所の湿原へ、秋のこの時期に足を運ぶのもいいかもしれない。

それにしても、田代山湿原には、食虫植物であるモウセンゴケが数多く繁殖していて、赤みのあるこのコケの色も、湿原全体の赤色を、よりいっそう赤く見せているように見えた。湿原では視点を低く落として、よくよく覗き込むと、様々な植物が各々独特の顔を見せてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白道

N20050817_013
~白い月の軌跡~

月が見ごろといわれる季節になった。
今月は18日が満月となるが、望遠鏡などを通して見た場合には、目で見るほど満月は見頃ではない。
それは、地球から見て月にほぼ正面から光(もちろん太陽の光である)があたるため、地形の影がほとんどできずに、コントラストの少ないのっぺりしたものとなってしまうからであり、三日月や上弦(半月)などに見た方がずっとダイナミックな地形を楽しめるのである。

さて、白い道。天の星(恒星)の中を月が描いてゆく軌道を「白道」という。
同じように、太陽が1年かけて天の星の中に描く一周を「黄道」といい、こちらは、占いなどの「黄道12星座」という言葉で、一般にも少しは聴き慣れた言葉だろう。
地球の北極と南極の天への延長が天の北極と南極、その軸に対して90°の直角をなす平面を天に投影したのが赤道で、まあ、これも地球の赤道の天への延長と同じことである。

なぜ、赤い道というのかは、古い中国が起源らしく、赤は太陽を意味していたようだが、実際には、太陽の道は、地球の傾きと同じ23°26'ずれた黄道となる。
赤と黄、いずれも太陽を象徴する色であることに違いはない。

一方、白道とは、また月に合った色で表現されている。
特に冬の夜などに、天空高くあって、明るくまぶしいほどの光を注ぐ月は、まさに白く、その光には熱を感じさせないし、ちょっと狂気を覚える。

※黄道は、地球が太陽を回る公転の天球への投影であり、白道は、月が地球を回る公転の天球への投影である。地球の公転面に対して月の公転面は平均5°8'47"程傾いているので、白道は、黄道に対して同様の角度だけ傾いている。
しかし、この角度は一定でなく、黄道と白道の交点は、18.6年かけて西まわりに黄道の上を移動して一周する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »