« 星のカケラ | トップページ | 朝の名前 »

冬も夕暮れ

N20051227-162614
Photo:Nikon D200/AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm
~夕日が落ちた西の空に枯れススキが揺れていた~

寒い冬だが、空はまるで澄みきって、原色に染まる夕暮れなどは特にいいものである。

夕暮れといえば「秋は夕暮れ」か。確かにそれはそれでいいけれども、弱々しくも頼るほかない冬の陽が、西の空から山の向こうへ没してゆき、オレンジに染まる地平近く、そして頭上にかけて続く黄色から藍へのグラデュエーションは、寒さも忘れてずっと見ていたくなる美しさがある。

四季それぞれの美しい時間。枕草子でいえば、春は曙なのだろうか。夏は夜、秋が・・・いや、やはり必ずしもみながみなそうではないのだろう。そろぞれ色々な想いがあって季節ごとに好きな時間帯というものがあるのではないかと思う。

おそらく、それを思うとき、それぞれの情景が浮かんでくるのではないだろうか。私なら、春は昼前の陽だまりでこごんで見るタンポポを、夏ならば日の出前に川面の上に漂いだす朝靄を、秋は日暮れ前の長い自分の影を落とした田畑を、そして冬は日暮直後の西の空に千切れ雲が染まって浮かぶのを目に浮かべる。きっと過去に見た実際の情景に重ねて見ているのではないかと思う。

生まれ育った土地を遠く離れて、季節や気象条件が変わってくると、きっとそれらは故郷の情景になるのではないかな。

|

« 星のカケラ | トップページ | 朝の名前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/7864281

この記事へのトラックバック一覧です: 冬も夕暮れ:

« 星のカケラ | トップページ | 朝の名前 »