« カワウ | トップページ | アカタテハとヒメアカタテハ »

朝の予感

N20051230-074331
Photo:Nikon D200/AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm
~朝の海に鳥が翔る~

日の昇る朝は、感覚が澄まされている気がする。
光に敏感で音にも敏感。少しの動きに神経が反応する。

これに対して日が沈む夕方は、あたりが真っ暗になったと感じていても、実際には、まだ空はかなり明るいということが、昨夏に房総の蛍を見に行ったときに実感としてよく分かったように、特に明かりについては、あまり敏感ではない。明るい昼を過ごした後なのだから、ある程度当たり前なのかもしれないが。

同じ明るさの天文薄明(太陽の中心が水平線下の角度でおよそ18°までのときいう)でも、朝の薄明ならば、夕方の薄明かりを敏感に感じる蛍でなくとも、もっと敏感に感じると思う。車で早朝に遠方へ出かけることは多いが、朝の明るさの予感のようなものは、かなり早い時間に感じられる。

朝に鳴く鳥が、一見真っ暗なうちからその鳴き声を上げるとき、空をよくよく見てみれば、うっすら朝の予感を感じ取ることが出来ると思う。

冬の海。白々と明けた朝の空へ、数え切れないほどの海鳥が渡っていた。

新しい年が明けました
やはり0:00に日付が変わることよりも
朝の明け行くさまにこそ新年の訪れを感じますね
本年もよろしくお願いします

|

« カワウ | トップページ | アカタテハとヒメアカタテハ »

コメント

あけましておめでとうございます。
元旦の朝に、朝日をとりに行ったのですが、ちょっと面白い光景に出会いました。
撮影は立ち入り禁止の場所、人の出入りが少ないので、鳥がたくさん海に浮かんでいました。
空が明るくなってもおとなしかった鳥たちは、それでも、太陽が顔を見せるとともになぜかいっせいに声を上げながら飛び始めたのです。
おそらく、生理的な行動だと考えたのですが、
面白かったですよ。

またお休みのときに見に行こうと思っています。

投稿: さんぱつや | 2006.01.03 22:18

さんぱつやさん、新年おめでとうございます。
新年の海に昇る日を浴びて飛び立つ鳥
なんだか感動させる光景だったのでしょうね
スイッチが入った感じだったのでしょうか
今年は、何やらいいことがありそうではないですか
やはり、朝夕というのは、
一日のうちでも、感動的光景に出会いやすい時間ですよね
また、見られたら教えてくださいね

投稿: 代官 | 2006.01.04 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/7939337

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の予感:

« カワウ | トップページ | アカタテハとヒメアカタテハ »