« 乾燥芋 | トップページ | プログレ »

天測点(2)

N20060225-095759
Photo:Nikon D200/AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm
~茨城の天測点は明るい山頂~

前にも書いた「天測点」である。
昨日、茨城の高鈴山に登ったので、また出逢うことが出来た。いや、登ったとはいっても、自身の足ではなく車の動力に頼っての話だが、山頂はとても気持ちよい景色が広がっていた。さすが1等三角点と天測点のある山だと思う。

これが目的で登ってきたわけではなかったので、山頂に立ち三角点を確認した後、すぐ隣にあの八角柱があったのに初めて気が付き「おおっ」と驚き感激してしまった。そうそう、前に天測点の記事を書いたときには、この高鈴山の天測点には、遠からず出会えそうだなと思っていたのだった。

さて、天測点はかつて天文測量に使った子午儀という測量器の載せ台であることは前に書いた。そしてそれは全国で48箇所設置されたらしいが、その後廃されたところもあって、最後の設置があった1958年時点での設置箇所を最終的なものとすれば、全国に45箇所ということになるらしい。

また、この八角柱には規格があるというのだから、全国45箇所の天測点はみな同じ形ということだろうか、登山趣味は少々興味あるとはいえ、かといってさほどの入れ込みでもないので無理とは思うが、全ての天測点を見てみたい気もする。

ちなみに天測点の形状は次のように規格が定められているという。
材   質:コンクリート
柱のサイズ:D65cm×H200cm
      一辺27cmの八角形
基礎の石盤:W140cm×D140cm×H50cm

地理調査所(旧国土地理院)設置の第十五号天測点に見入っていると、空から雷鳴のような凄まじい連続破裂音のようなものが降ってきた。驚いてすぐ空を見上げると、50羽近い鳩の大群が、1羽のハヤブサに急襲されたところで、音は鳩が一斉に反転した時の羽音だった。空から聞える自然の音で雷以外にこんな大きな音を聞いたのは初めてだった。
高鈴山の山頂で2度の驚きと感動を味わった。

天測点(1)へ

|

« 乾燥芋 | トップページ | プログレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/8868218

この記事へのトラックバック一覧です: 天測点(2):

« 乾燥芋 | トップページ | プログレ »