« ジョウビタキ | トップページ | コゲラ・小さなキツツキ »

イラガの繭

N20060129-140344
Photo:Nikon D200/SIGMA 70-300mm F4.5-5.6D
(300mm 1/200" F5.6)

~これも冬の象徴~

散歩をしていて、1枚も葉の残っていない桜の木を見上げた。
あったあった。あるべきものが目の前に。不思議な縞模様をまとったカプセルは、小枝で木枯しに揺れていた。

イラガという蛾は羽根を開いて3cm余りのさほど目立つ蛾ではない。成虫は6~10月の夏季に全国で出現し、ちょっと分厚く毛が生えた感じはあまり好まないのだが、冬越しするためのこの繭は、子供の図鑑などにも必ずのように載っているし、昆虫たちの冬の過ごし方の代表として知られているのではないだろうか。

イラガの幼虫は全体に黄緑色だが、ニョキニョキと生えた何本かの角には、いかにも気味悪げにトゲがたくさんあって、触ったことはないのだが、うっかり触るとひどく痛むということだ。
繭の中では前蛹になって冬越し、5~6月頃蛹になった後、羽化して繭からでてくる。この繭は、ともすれば小鳥の卵かな?と思うような形をしていて、思った以上にこの繭は堅い。

ところで、表面の特徴ある褐色縞模様はとても不思議で怪しそうな模様であるが、なんのためにあって、どのようして色をつけるのだろうか・・・

模様の出来方は、どうも幼虫が繭を作るときの動きで決まるようである。繭は例によって絹糸で作られるが、外側は白く固まる液が流されていて、最後は白く固まる。ただその前に、中で幼虫が動くのに伴って、あのトゲの生えていた角や腹が繭にあたった部分では、中層にある褐色の液が外側へ染み出して褐色の縞模様に塗られるらしい。

しかし、なにか目的があるのか?となると、生物の不思議一般に通じるが、よく分からない。そこに何らかの効果があったとして、では初めからその生物が、その効果を期待・意図して行動しているのだと考えるのは、人間ならそのとおりあっても他の生物では難しい。

イラガの幼虫はカキやナシ、サクラ、ヤナギなどの葉を食べるので、この縞模様の繭は、これらの木の枝を冬に見て回ると比較的簡単に見つかる。

|

« ジョウビタキ | トップページ | コゲラ・小さなキツツキ »

コメント

daikanさん、さなぎのお名前教えていただきありがとうございます。
で、さっそくUPしてトラックバックさせてもらったのですが、2コ飛んじゃいました。
お手数をおかけしますが、一つ削除してください。

投稿: umi | 2006.02.07 14:57

umiさん
クスサンの”すかしだわら”拝見しましたよ。
こういうものって見つけようとしてでなく
ふと、そこにあるものなんですよね
面白いものがあったら、また見せてくださいね

投稿: 代官 | 2006.02.07 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/8519897

この記事へのトラックバック一覧です: イラガの繭:

» はるをまつ・・・ [Let's Kiss !!! :: photo + five lines ::]
KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL /MINOLTA AF2... [続きを読む]

受信: 2006.02.07 14:53

» イラガの繭。(2/27*月) [しらの風景]
冬の散歩道で見つけたイラガの繭(まゆ)。 穴があいているので、空っぽの繭だ。印象的な形なので 木のまたなどにくっついているのを見たことのある人も多いだろう。 子どもの頃、この繭を見つけて卵のような形にとても惹かれた。 中には何が入っているのか、不思議で不思議で仕方なかった。 家の庭にある柿の木で、時々この繭の幼虫を見かける。 緑色のトゲトゲを体につけて数匹かたまっている。 このイラガの幼虫のトゲには毒があり刺されるとか�... [続きを読む]

受信: 2006.02.27 17:14

« ジョウビタキ | トップページ | コゲラ・小さなキツツキ »