« カワセミのつがい | トップページ | 乾燥芋 »

カワセミの大きさ

N20060218-094103-1
Photo:Nikon D200/Reflex Nikkor 500mm F8 (画像クリックしてください)
~池一番の大物と出合った~

ちかごろ休日の朝の散歩では、すっかりカワセミ・パトロールが日課になった感がある。
つい最近のこの林道百拾号線の記事でも「カワセミ」「カワセミのつがい」に続いて3項目を数えてしまう。

決まった時間に決まったところに現れて、姿ばかりはちらつかされるのと、カメラに収めるのに、池を一周囲む網の柵が邪魔で、その上からレンズを覗かせるには、こちらの体がすっかり向こうから丸見えで、どうにも簡単には近寄せてもらえず、ビシッと撮れそうで撮れない対象になってしまっている。
(前回の「カワセミのつがい」の画像で100m、今回の画像など150mも距離がある。一番よくてもこのくらいだ)

ところで、カワセミの大きさというのは、イメージとしてはやや大めな小鳥というくらいの気がするのだが、実は小さな鳥である。数値で約17cmくらいということなので、スズメをほんの少し大きくした程度で、かなり小さいことがわかる。もう少し大きく感じさせるのは、色や存在の鮮烈さであるとか、頭、嘴の大きさが体に比べて大きめであることなどによるのだろうか。

さて、池の反対側で、近づくことの出来ない湖岸を、少しづつ移動するカワセミの姿を超望遠レンズで追いかけていたのだが、カワセミの行く手の視界に突然、大きなアオサギが現われた。なるほど、カワセミは小さい。むろんアオサギはサギの中でも国内最大種(全長93cm)ではあるが、それにしても、アオサギの頭一つ分しかない。画像でも互いを意識して見ている風な感じが分かると思うが、しばしこの態勢で対峙したまま動かない。

カワセミから見たら、アオサギの大きさに圧倒されるだろうが、アオサギもカワセミの特異な色に注意がいっているようにも見えた。
ひと時の対峙のあと、カワセミのほうは、例によって「チー」っと一声発し、あのエメラルドブルーの羽根を広げ、スカイブルーメタリックの背を見せて、アオサギのすぐ横を一直線の光芒を残して通り抜けてゆく。
そのときレンズを通して見たアオサギの表情は、声に出して笑えるほど唖然としているように私には見えた。

N20060218-095236
Photo:Nikon D200/Reflex Nikkor 500mm F8
~続いてカルガモとチュウサギ~

カワセミが、そのひと翔びで次に着地したのは、またも、大型の鳥、チュウサギ(白鷺)とカルガモの目の前だった。再び繰り返された大小野鳥の競演に、気分も湿りがちになっていた暗い曇天の休日の朝が、思わぬ楽しいひと時になった。

理科大好き人間の科学の工房「野鳥の大きさ比較(16)」にTB

|

« カワセミのつがい | トップページ | 乾燥芋 »

コメント

ご無沙汰しております。なんとカワセミとアオサギ、カワセミとカルガモとチュウサギと3種類の競演写真をトラックバックしてくださりありがとうございました。感激です。
最近、勤務先が変わってからしばらく会っていません。

投稿: 理科大好き人間 | 2006.02.19 22:27

理科大好き人間さん、ご無沙汰でした。
この池では、アオサギはいつも堂々と見えるのですが
カワセミと出合った時、そして、すれ違いざま
なんだか、本当にビックリしたような顔に見えて
一人で笑ってしまいました
今度の勤務先は、環境がやや厳しいのでしょうか
春ももうすぐです。ツクシの季節も近いですが
以前、ツクシとスギナの繋がり画像見せていただきましたね
草木の芽吹きが楽しみです

投稿: 代官 | 2006.02.20 22:14

近所の池にカワセミが来るなんて、うらやましい〜
カノープスも見えちゃうし…
そんな環境で、長生き間違いなしですね!

池にはたしかに網がありましたね。
でも、望遠レンズなら、網に接近しちゃえばレンズの直前にあっても、大きくボケちゃうので全然大丈夫ですよ。問題なしです。
ニュートン式反射望遠鏡の副鏡支持具みたいなもんです。

投稿: ARGO | 2006.02.21 01:06

あとで気づいた。
レフレックスの500ミリ、入手されたんですね!
使いようでは、リングボケが楽しいレンズですよね。

投稿: ARGO | 2006.02.21 01:10

ARGOさん、こんばんは
そうなんですよ。いまの空の財布では
とても500mmクラスのレンズは、買えそうもない・・・
で、あの化石と化した感のあるレフレックスの
中古に手を出してみました
それも、つい先ごろカタログ落ちしたモノでなく
その前モデルのかれこれ30年くらい前の型です
でも、コンパクトなんでなかなか快適です
リングボケは・・・どうやっても綺麗ではないですけれど
反射鏡には、懐かしさが湧いてます

そうですね、三脚を真っ直ぐ立てずに
網に寄りかければピタッとくっ付いて
撮れればほとんど問題なさそうですね

ただ、実際の網の位置や撮影ポイントの関係ですと
そうもいかないところがありまして(>_<)

あと、よく覚えてないですが
たしか、BORG500mmで初め試したとき
網に日が当たっているところだったですが、
網の緑色のフレアーがやや出てしまったような・・・
少し距離があったのかな?

投稿: 代官 | 2006.02.21 22:41

あ〜、そうです。
レンズ前の網に日が当たって光ってると、影響が出ちゃいますね。
何かで網が影になってて、被写体に日が当たっている状態だといいですけれど。
野球場のカメラマン席前の金網が黒くなっている所があるのは、日が当たっている時でも網の影響が出ないための配慮ですね。

投稿: ARGO | 2006.02.21 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/8741890

この記事へのトラックバック一覧です: カワセミの大きさ:

« カワセミのつがい | トップページ | 乾燥芋 »