« キタテハとルリタテハ | トップページ | スズメの花千切り »

月暈/つきがさ

N20060315-232752
Photo:Nikon D200/AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm
   (18mm ISO100 15" F3.5)

~朧な月もまた春の夜らしい~

数日前の満月の晩は雲がほとんどなく、綺麗に丸い月を眺めることが出来た。上空には寒気が入っているのか、湿気が入っているのか、月を眺めているうちに、珍しく月明かりの中での長い飛行機雲も見られた。

天気も下り坂なのかもしれないな・・・などと考えごとをしていたので、うっかり「月夜の飛行機雲」なんていう恰好の撮影材料もそのまま逃してしまったが、そのうちに今度は月に薄い高層雲が掛かり、暈(かさ)が現われた。

暈というのは、よく太陽に薄い雲がかかったとき見ることがあると思うのだが、あの周囲に現れる光の輪のようなものをいう。太陽の周囲に現れたものは日暈(ひがさ)ともいい、月の周囲に現れる月暈(つきがさ)と言って区別される。

暈は、太陽や月の前面にある雲の氷晶が、プリズムのように太陽や月の光を屈折させていることで見えるが、この氷晶は六角柱の形であることが多く、ここでは詳細に触れないが、六角中のどこから光が入って出てゆくかで、屈折する角度が変わる。太陽や月からの見かけ上の半径約22度の円に見えるものが一番見えやすく、46度の円に見える暈が現れることもあって、前者を内暈、後者を外暈という。

そういうデータを見たことはないのだが、月の暈は、春のこの時期によく見るような気もする。「朧月夜」などという春の歌があるくらいだから、気象条件的に高層雲などが出やすいのだろうか。

田畑の周りでは、菜の花が満開でツクシもたくさん顔を出した、カエルの声も少しずつ聞え始め、日増しに春らしさが増しているが、暈を掛けた朧月をあぜ道から眺めるのもまた、いかにも春を彩る風景らしいと思える。

|

« キタテハとルリタテハ | トップページ | スズメの花千切り »

コメント

よく、撮影しようと我がデジカメで狙ってみるのですが、なかなか思った写真が月のかさに関しては撮れません。早く、もう少しましなデジカメを購入したいと思います。そうすれば、自分のblogにも、いい写真が載せられると思うのですが。なかなかどの機種にするのか決められないでいます。

投稿: 理科大好き人間 | 2006.03.21 21:51

この画像もあまり成功例ではないですけれど
月の明るさが強すぎるのでちょっと適正な露出が
分かりづらかったです
月の暈のように、微妙な発光体みたいなものでも
美的レベルを追求せず、記録的撮影なら
7~8年前の200万画素のカメラでも十分取れましたし
シャッタースピードさえある程度自由があれば
なんとでもなるはずなんですが・・・

一眼レフでなくても、2~3年前十数万円だった機種が
中古ではいまや2万円くらいです
このへんが最もねらい目ではないかと・・・
デジタル一眼でも4万円あたりで出始めてますし

投稿: 代官 | 2006.03.22 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/9152587

この記事へのトラックバック一覧です: 月暈/つきがさ:

« キタテハとルリタテハ | トップページ | スズメの花千切り »