« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

カワトンボの繁殖の謎

N20060505122416 N20060505122932
Photo : Nikon D200 / Tokina AT-X M100mm F2.8
(L/ ISO100 1/350" F3.8) (R/ISO100 1/125" F4)
~色つき翅のオスと透明翅のオス~

我が家の近くの身近な小川にも幸いカワトンボ(※注)が生息している。ちょうど今時分がカワトンボの繁殖期にあたり、そっと川沿いの草を分けて歩くと、何匹もの雌雄のトンボを目にすることができる。

さて、このカワトンボの繁殖には、なかなか不思議な生態が潜んでいる。

少し話が長いので、簡単に書くと次のようになる。
・オスには2種の翅の色がある
・その色の違いで繁殖行動に優劣がある
・にもかかわらず繁殖率にあまり差がない

まず、カワトンボの容姿であるが、オスに2つのタイプがあり、上の画像に示したように、オレンジ色のグラディーションが掛かった美しい翅を持つタイプのオス(有色翅タイプ)と、メスと同様に控えめな透明の翅を持つタイプ(透明翅タイプ)のオスが同じ川で同時に見られる。
この色の違いは、単なる個体差や成熟度の違いではなく、それぞれのタイプによって、繁殖行動にもはっきりとした違いが現われるというのである。

次に、カワトンボのメスは、小川の水生植物や流木周りを産卵場所として昼の間活動するが、夜は木の上へ移り、昼夜で移動を繰り返す。オスは産卵場所で交尾の機を伺い、産卵の適地では、なわばりを持つようになる。

そして、このなわばりをもつオスはきまって有色翅タイプであるようで、なわばりを持ったオスは、なわばりの中にやってきたメスと独占的に交尾し、他のオスがなわばり内でメスに近づくのを排除しようとする。
一方、透明翅タイプのほうは、なわばりを持ったオスの近くに潜んで、気づかれないよう交尾するか、木の上にメスを連れ去って交尾する型と、初めから木の上にいて、休息に戻ったメスと交尾する型があるようだ(前者をスニーカー、後者をオポチュニストと呼ぶようである)。

さらに、メスは、精子を貯蔵する器官を持っていて、交尾で受け取った精子を産卵までそこに保管する。ところが、オスは交尾するときに、まず、そのメスがそれ以前に交尾して蓄えた他のオスの精子を掻き出してから、自身の精子を送り込む。

ここまでの話から普通に考えられる推論としては、メスの産卵場所では、なわばりを持った有色翅タイプのオスが待ち構え、他のオスの交尾を排除するとともに、メスが他の場所で交尾していたとしても、産卵直前にメスの腹部から他のオスの精子を排斥して入れ替えてしまうのであるから、結局、産卵直前に交尾した有色翅タイプのオスの精子が受精する確率が相当に高くなり、残される子孫は、有色翅のものばかりになってゆくのではないかということである。

ところが実際の結果としては、無色翅タイプもそれなりに子孫の数がいて、いつまで経っても同じような割合で共存しているというのは、遺伝の確率からみても不思議である。
ただ、この謎は、メスの産卵パターンが、良く調べると一定でなく、なわばりのないところで、オスに知られずに産卵する場合や、なわばり内で多くのメスにまぎれて、なわばりを持つオスとは交尾しないまま、以前に受け取った精子を使って産卵してしまうメスが少なくないことが解ってきたようで、必ずしもなわばりを持ったオスだけが一方的に有利でもないシステムであるらしいようだ(個人的には、有色翅タイプのオスの子は本当に全て有色翅になるのかということが検証済みなのかも知りたい)。

それでも、なお、2種の翅のタイプが生じる成因や意味、それに各翅のタイプにより生殖行動にもはっきりした違いをとらせるシステムなど、興味は尽きない。

(※注)カワトンボの種名について
低地の谷間にある我が家の近隣の小川で見られる「カワトンボ」といえば、少し以前なら、だいたいヒガシカワトンボだろうかというところであった。しかし、もともとカワトンボの分類は諸説乱れていて、ヒガシカワトンボ、ニシカワトンボ、オオカワトンボという3種(他にもヒウラカワトンボなどの分類も存在)が同一種なのか、全部別なのか、はたまた、どれとどれは同じであるとか良く解らないところがあった。

まだまだ、確定的に定まったとは思えないが、2004年12月に分類体系の見直しがあって、今のところは、ヒガシカワトンボとオオカワトンボは、「オオカワトンボ」に種が統合され、ニシカワトンボが、「カワトンボ」に種名変更されている。

種の体系まで含め、まだまだ解明されていない部分の多く残ったトンボである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンボのハート

200207210100
Photo : Casio QV-2800UX
~ハート形には意味がある~

今回はカワトンボの繁殖の不思議のことを書こうとしたのだが、まず、その話に入る前に、トンボの交尾の特徴を述べておきたいと思うので、この項では、カワトンボだけに限った話ではないが、「トンボのハート」について簡単に触れておきたい。

よくトンボを目にされている方ならば、きっと見覚えがあると思う、あのハート型の交尾の話であるが、実は、これはトンボ類に共通して見られ、他の昆虫には見られない顕著な特徴なのである。

他の昆虫が、オスとメスのそれぞれの腹端にある交尾器を接して交尾するのと違って、トンボ類の場合には、オスの交尾器だけが腹(尾)の付け根近くにあるために、メスの交尾器がある腹端は、そこに接合される。また、交尾のときにオスがメスを支えるため、オスの腹端にはメスを掴まえておく器官があって、これでメスの頭部などを掴む。

その結果、トンボ類の細長い腹部は、メスの頭部付近を掴もうとするオス側と、オスの交尾器に接しようとするメス側でかわいいハート型を形成するのである。

ペアのトンボが体を使ってハートを描いている図は、誰が見てもほほえましい図であると思うが、あのハート形は、こんな理由でつくられている。まして、これは、トンボ類と他の昆虫との数ある違いの中でも、最も大きな相違点とされながら、それほど知られたことではないと思う。

これだけでも、もしトンボの繁殖に大変興味深いものを感じていただけたなら、次のカワトンボの話にも入りやすい。

※本文では書かなかったが、もうひとつ、トンボのオスの生殖器、交尾器のことを補足したい。トンボのオスの交尾器が腹端ではなく、腹の付け根にあると書いたが、これは「交尾器」だけであって、「生殖器」は他の昆虫と同様に腹端にある。通常、精子・卵子を作る生殖器とそれを受け渡す交尾器は、まとまった位置に存在するが、トンボのオスの場合は別々の離れた場所にあり、この間に自らの精子を移動させる管などの器官がない。トンボのオスは、自ら腹部を曲げて腹端の生殖器から腹の付け根の交尾器へと精子を移動させている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルガモ

N20060514151809
Photo:Nikon D200/AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm
~夏にもいる身近なカモ~

渡りをする冬鳥、夏鳥の入れ替え期はとうに過ぎて、空には青空を切り裂くように飛ぶツバメの姿が目立つようになってもう久しい。冬の水鳥たちであれだけ賑やかだった近所の池も、だいぶ静かになったのだが、まだ、幾らかの地味なカモの一群が居残っている。

この地味な羽色のカモはカルガモで、外観での特徴といえばオレンジのくちばしと、目のラインに沿った黒毛くらい。雄の羽が鮮やかなことの多いカモの仲間にあって、カルガモは雌雄ほぼ同色である。

ところでカルガモは、漢字で「軽鴨」と書くようだけれども、決して体重が軽いカモではなく、むしろカモの仲間としては十分に重たい方である。また、そのついでというわけではないけれども、腰のほうも重たいようであり、夏になっても渡ることなく日本に一年中留まって繁殖をする珍しいカモということができる。まあ、それだからこそ、テレビのニュースなどでもよく取り上げられるように、親鳥の後をチョコチョコとついてゆく可愛らしいヒナ鳥の姿を身近に見ることができるわけである。

とまあ、そういうわけで、「カルガモ」とは、どうやら漢字で古くは「夏留鴨」と書かれていたようにも言われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラマツその後

N20060503080830
Photo:Nikon D200/AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm
(20mm ISO100 1/125" F7.1)

~林道のカラマツの新緑~

我が家の庭に植えたカラマツは、その後順調に育っている。
今は若葉がかなり出揃って、まだまだこれからも、新しい芽が生えてくるのかどうかはよく分からないものの、柔らかな黄緑の細い葉をまとって、一人前の木らしい形になってきていてほほえましい。

先日、信州の林道で見た本場のカラマツは、やはり場所柄か、我が家のカラマツに比べるとそれより一回り遅れ、いまやっと、芽から葉が顔を出し始めているところだった。

いままで、身近に見ていなかったので気づかなかったが、カラマツの芽生えの速度というのは、ずいぶん悠長である。身の回りのたいていの木々は、芽が出たなぁと思っていると、あっという間に葉が茂ってしまうものだが、カラマツは芽から葉が顔を出したと思っても、翌日も、その翌日も、5日たっても、10日たっても、ほとんど姿が変わっていないような気がするほど、ゆっくり成長している。

いつか見上げるような梢になって、夏の日に涼しげな木陰をていきょうしてくれるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪形

N20060504114246
Photo:Nikon D200/AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm
(105mm ISO100 1/1000" F6.3 PL-filter)

~林道陣馬形線より南ア・南駒ヶ岳-空木岳~

アルプスを一望に見渡せる林道を走ってきた。
中でも南、北、中央と3つのアルプスを一望できる林道王城枝垂栗線や、中央アルプス真正面の林道陣馬形線からの眺望は、天気・季節も相まって、本当にすばらしいものだった。

雪を抱いた山の姿、5月はとりわけ美しく見える。
富士にしてもアルプスにしても、はたまた日光や福島の吾妻連山、月山も飯豊山もみなそうだ。

同じ雪を被っていても、新雪は雪そのものが新鮮であるのに違いないが、たまたま雪が多く降ったところはより白く、たまたま雲が掛からなかったところは地のままということもあり、その真新しい白で描かれたシルエットは、気ままで大雑把で柔らかな線を示す。

日が当たり暖かな地形、雪の積もりにくい地形から順次に地を表して形作られる春の残雪は、形状は地形そのものを反映し、気ままなようでいて定型式では示せないようなルール、フラクタルな模様が描き出されている。

その一見無機質な「雪の形」又は現われた「地の形」の残雪模様から馬や鳥や人などの形を見出し、農耕の時節の目安としたものを「雪形」といっている。
有名どころでは、白馬岳の「代馬」、蝶が岳の「蝶」、爺ヶ岳の「種まき爺さん」など、山そのものの名前の由来となっていることも多いように、その麓の人々にとって、大変に身近な存在だったことが伺われる。

多数の人の目に同時に触れる自然が造った偶然的な形を、生きものや物にたとえるという点では、星を結んだ形で表される星座とも共通している。農耕や漁といった生活上の季節のめぐりと繋がりが深いところも、雪形と同様であるのは興味深いところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »