« カイロ | トップページ | カラマツ林に立つシラカバ »

3匹のカマキリ

N20061103120625
~樹上で構えるオオカマキリ~

我が家の庭に、3匹の種類の違うカマキリがいて、それぞれがいつもだいたい決まったところでじっと身構えている。全部で3匹だけではないと思うが、今年はこの3匹がやけに目だって目に入る。

3匹は、オオカマキリ、コカマキリそしてハラビロカマキリの3種。それぞれテリトリーが違っていて、狭い庭でも競合することなく棲み分けているようだ。

気の荒いカマキリではあるけれども、よくよく見れば、その仕草もちょっと可愛らしく見えるものだ。とくに比較的小型のコカマキリやハラビロカマキリなどは、威圧感もさほどないだけに、鎌を振り上げてこちらを威嚇してみても、なんだかたかが知れててむしろ撫でてやりたくなってしまう。

オオカマキリは、かなり強力。様々な昆虫ばかりでなく、時には小さなカエルやトカゲまでも鎌で捕らえて食べているのを見ることもあるほどだ。
よく似たカマキリ(チョウセンカマキリ)に比べると、体がすこし大きくて、後の翅が濃い紫色をしているのと、鎌の付け根の間に黄色い部分のあるのが特徴である。

ハラビロカマキリは、明るい緑色の体色で、その名のとおり腹はちょっと太めである。鎌の付け根に、黄色いイボ状の突起がいくつかあるのが特徴で、樹木にいることが多い

コカマキリは、たいてい体が茶色系で小さく細めである。鎌付け根の内側に黒白の班があるのが特徴で、地表を歩き回っていることが多い。

N20061028103142  N20061028102954
~コカマキリ~            ~ハラビロカマキリ~

【カマキリの関連記事】
カマキリのたまご (卵、幼虫について)
カマキリの幼虫(幼虫、卵を産む高さと積雪の関係)
カマキリの産卵(メスは繰り返し卵を産むこと)
カマキリの共食い(オスはメスに食われないこと)

|

« カイロ | トップページ | カラマツ林に立つシラカバ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/12548408

この記事へのトラックバック一覧です: 3匹のカマキリ:

« カイロ | トップページ | カラマツ林に立つシラカバ »