« 桜を切る | トップページ | 気嵐(けあらし)・蒸気霧 »

モズの高鳴き

N20061112092424 N20051229101429
~高鳴きをしているオス(左)とメス(右)~

秋も深まり、空は抜けるように蒼くなってきた。雲はベールのようにたなびいて、いっそう秋らしさを増す。

その抜けるような秋の空にそそり立つ樹の先端「キィーキィーキィー」というよく通る鳥の声が聞こえてくる。
モズの高鳴きである。

小さな姿ながら、攻撃力のある体を持ったモズが、自分のなわばりへの侵入者に対して発する威嚇の声であるり、秋から冬の風物詩でもある。

モズは繁殖期には一夫一妻で仲良く子育てするが(注)、秋から冬にかけては、オスは単独のなわばりを持ち、メスを排除する。メスはメスで、あまり良い環境とはいえないところに追いやられるが、それでもそこでなわばりを構え、雌雄ともに高鳴きでなわばりを主張する。

モズは狩をする鳥であって、繁殖時以外は自分のなわばりの中で孤高なハンターとして過ごすということになる。体は小さいが、クチバシは猛禽類のように肉を引き裂くのに適した形であり、獲物の急所である頭や首などに噛み付いて、確実にしとめる。カエルやトカゲなどを捕らえることは、はやにえ(木の枝に獲物を刺す行動)などでよく知られるが、時には自分より大きな鳥さえも一撃でしとめてしまう。

ところで、ここで使った2枚の雌雄のモズの写真。あまりいい写りではないのだが、これを使ったのは、この2枚が実はほとんど同じ場所にある樹のてっぺんを写したものだからである。メスの画像は昨年の秋、オスの画像はこの秋撮影したものだ。オスがなわばりからメスを追い出すから、メスは少し悪い環境でなわばりを作ると上に書いたが、同じ場所でも年によって環境価値が変わる又は環境がランクアップしたのだろうか、それとも単なる好みや偶然か。

(注)モズはつがいで仲良く子育てをするものの、調査によると子をDNA鑑定すると、約10%はつがいのオスの子ではないらしい。

|

« 桜を切る | トップページ | 気嵐(けあらし)・蒸気霧 »

コメント

sun9月5日秋の風物詩、百舌の高鳴きを聞きました 毎年この頃に一声を聞きます      キィー、キィー、キィーキチキチキチと鋭い鳴き声は人の感情を揺り動かすように高い空を響き渡ります 高い鳴き声と、高い空、高い止まり木は百舌の象徴でありますが、これもやがて来る厳しい冬に勝つ為の縄張り宣言のようです 大きさはムク鳥サイズで嘴は鋭く小型の猛禽というところです 小さなハンターといわれています 餌は蛙や昆虫、トカゲ、小鳥と肉食で、高い木のテッペンからも、空からも“急降下捕食”が特徴で確立はパーフェクトのスゴ腕です  捕った餌の百舌の速贄(はやしにえ)とか草茎(くさぐき)いう方法で蓄えますが、冬の雑木林で草茎(くさぐき)の先端に刺してあります        庭先の木の枝に肉や魚を刺しておくと、鋭い爪先でしっかりと枝に押さえつけて引き裂くように食べいます 高鳴き75日と言って、テリトリが決まる真冬頃は少し静まります 子供の頃鳥かごのシジウカラ メジロを百舌に襲撃されたものです                       
富士しろし百舌が呼びたる空の青 .秋桜子” 

投稿: みとっぽ | 2009.09.06 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/12819145

この記事へのトラックバック一覧です: モズの高鳴き:

« 桜を切る | トップページ | 気嵐(けあらし)・蒸気霧 »