« ジョウビタキ2 | トップページ | フキノトウ »

ヒヨドリ

N20070121112804hsps
~畑のかわいい嫌われ者~

この秋から冬にかけては、果実などの実りが悪かったのだろうか。

ナンテンやマンリョウなどの庭の赤い実が、ヒヨドリにことごとく食べられてしまう。確かに玄関脇のピラカンサの赤い実は、毎年実るはしから食べられてしまうのだけれど、ナンテンまではそれほど食べなかったと思うのだが。

そういえば、この秋には、近隣の銀杏は皆無に等しかった。よく注意していなかったけれど、そうした野山の果実の凶作は野生の生き物には死活問題。どうもこの冬の人家周辺への野鳥の出没頻度が多いような気がするのも、そういう理由があって単に気のせいだけではないのかもしれない。

ヒヨドリは、日本の各地に普通に分布している鳥で、本州以南では留鳥、北海道だけは夏鳥で本州に渡る。
生活範囲は低地や低山帯の樹林で、人家周辺や公園などでも樹木が豊富なら繁殖する。

食性は夏は昆虫などの肉食中心であるが、冬は果実や種子などの植物食が中心となり、春にはサクラの花の蜜を吸ったりもする。スズメのように花ごと落してしまうことはなく上手に嘴を差し込んで蜜を吸う。しかし果実は大好物であるから、庭の果樹や果樹園には、かなりの悪さをやってくれる。まあ、彼らの立場で見ればいたしかたないのも事実ではある。

そうしたわけで、人に敵意が感じられるからなのか、比較的注意深く、あまり傍には近寄れないが、ギャアギャアと喧しく鳴くこの鳥も、よくよく見ると、黄色い口元に赤い頬と、なかなか可愛いものである。

|

« ジョウビタキ2 | トップページ | フキノトウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/13605068

この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨドリ:

» 糸満観光農園 [沖縄観光データバンク]
糸満市摩文仁(いとまんし・まぶに)にある糸満観光農園では、パッションフルーツとアセロラを使った「糸満ワイン」が有名です。赤瓦を施したワイン館では、ワインの製造工程の見学のほか、ワインの試飲やパッションフルーツの試食もできます。また、果樹温室ではちょっとした南国の花や植物を観賞できます。 約9万坪の広大な敷地には、300坪の果樹温室や野外ステージがあり、年齢を問わずに楽しめます。 ... [続きを読む]

受信: 2007.02.07 13:57

« ジョウビタキ2 | トップページ | フキノトウ »