« 構造色 | トップページ | アリの土盛り(その2) »

アリの土盛り(その1)

F2007_0714_085604
~格好の餌食に黒山となるアリたち~

夏の夕刻、セミの幼虫が羽化のために地上へ現われる。羽化が始まったまではよかったが、運悪く木から転落してしまったりすると、アリがいち早くこれを発見し、たちまち黒山のように集まってきて餌にして、セミはそこで息絶える。子供のころ、大変に切ない思いで見てきた光景であった。今となって見ても気の毒ではあるが、セミだけを特別視することもなく、淡々と自然の摂理であると整理しているが、ここに子供のころから変わらない不思議が残っていた。

セミの幼虫がころがり落ちた場所は、建物の軒下にあるコンクリートの土間の上だった。そこで、セミの幼虫の亡骸に黒ゴマをまぶしたかのごとくアリたちが取り付いて、解体作業が始まる。

さて、しばらく哀れな思いでその様子を観察してから数時間後、再びその進行具合を見に行くと、現場はちょっと様子に変化がみられた。

セミの幼虫の亡骸は、既に内部の肉質部分はある程度持ちだされているのかもしれないが、半透明の堅い外皮の中まではよく見えない。とりあえず外観では先ほどとあまり変わったようにはみえない。しかし、周囲の様子が一変している。

アリは、相変わらずおびただしい黒山をなしているのであるが、セミの幼虫の亡骸の周囲には、いつしか土盛りがされている。はて、この土盛りはいったいなんであるのか。

今回、観察したアリは、トビイロケアリである。どこの住宅地でもごく普通に見られるアリのうち、やや小さめで茶色いアリである。もう少し大きめで黒灰色のクロヤマアリとともに、最も普通種の一種だといえる。

ここでアリの食料となったのはセミの幼虫の亡骸であるが、過去に幾度となく見てきた同様の観察例を考えれば、対象が他の昆虫であろうと、ミミズであろうと、子供が落としたアメ玉であろうと、アリにとって、ある程度大きさのある食料ならば、この状況は、みな共通している。

また、さらに数時間後、土盛りは、セミの幼虫の亡骸をすっぽり覆ってしまい、外からみると、ただの小さな砂山になってしまった。

そして、2日後、そっと土盛りを崩し、中の様子を伺ってみると、案の定、セミの幼虫の亡骸は、外皮だけを残して、文字どおりセミの抜けがら状態になり、中身は運び去られている。崩した土盛りの中にはアリがほんの数匹、残務整理でもしているかのように散らばって見つかる程度で、もはやあの活況はなくなっている。

この、アリが食物に土を盛る現象?、習性?、はたまた行程は、いったいどういう意味があるというのだろうか。
(つづく)

|

« 構造色 | トップページ | アリの土盛り(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/15929081

この記事へのトラックバック一覧です: アリの土盛り(その1):

« 構造色 | トップページ | アリの土盛り(その2) »