« 畦塗りと蛙の声と | トップページ | 晴天の旅行者(ツチグリ-その2) »

ツチグリ

F2008_0419_103716s
~晴天の旅行者「毒ガスふぅふぅ」~

なたね梅雨ともいわれる春の長雨が続く。芽吹き始めた植物たちは、この雨の間にみるみる育っている。ほんの少しだけの日数目を離していただけであるのに、野に出てみると驚くほど様子が変わっていたりするものである。

さて、そんなこの時期であるが、今朝散策に出た野でツチグリの姿を見つけた。ツチグリは主に夏から秋に、山道や林道の際や崖などによく見られるきのこの一種であるが、この春に適当な気温があり長雨もあって環境が整っていたのだろう。

小さなうちは、黒っぽい球体であり、成熟してくると二重構造となっている外皮の部分が、上から放射状に裂けて星形に開かれ、中に薄皮に包まれた球状の袋が現れる。

球状の袋はてっぺんに穴があり、中には成熟するとこげ茶色になる胞子が出来るが、この状態での星形の外皮はなかなか機能的である。

この外皮は、湿っていると開き、乾くと閉じて球状となる。このため、ツチグリの英名は「星形の湿度計」という意味の「Astraeus hygrometricus」というくらいであるが、それだけでなく、閉じたときに球状の袋を押しつぶすために、袋の中の胞子を袋のてっぺんの穴から飛散させるという、能動的な仕組みになっているのである。

いたずらに指で球状の袋をつつくと、まるでガスでも吐き出すように胞子を吐き出すのが見ていて楽しく、我が家の子供たちが小さな頃には、ツチグリを見かけるたびにつんつんとつついて遊び、ツチグリのことを「毒ガスふぅふぅ」と呼んでいたのが思い出される。いや、我が家では、いまやそれが標準名となってしまったのであるが・・・

さらに面白いのは、晴れて乾いた時に外皮が閉じると、全体として球状となるため、強めに風が吹けば地上を転がって自身が移動するのである。そして移動先で湿気を帯びれば、またそこで根を下ろすかのように、星形に外皮を開いて安定する。

このように晴れた日になると移動する様子から、ツチグリのことを「晴天の旅行者」とも呼ぶようである。ロマンチックな名であるが、ちょっと洒落すぎな感もある。ほかには柿の実が地にあるようにも見えるためか、土柿(ツチガキ)の別名もある。

|

« 畦塗りと蛙の声と | トップページ | 晴天の旅行者(ツチグリ-その2) »

コメント

このツチグリ別名豆団子と言われているのをご存知ですか?我が家の土手でも取れます。因みに我が家は福島県二本松の山間の農家です。ツチグリは早い時期は土の中にあってその時期に土の中を捜して見つけることがてきます。昔は福島県内どこにでもあったとのことですが近年乱獲がひどくなってきたので、それと農薬のせいもあって最近では幻のキノコと言われています。というのもこのきのこが食べられるのをご存知ですか?テレビなどで取り上げられ一躍有名になってしまいインターネット、道の駅等々で結構売られるようになりました。みんなが取りに行けるところではここ数年の間にほとんどとれなくなってしまいましたよ。
先日1キロ弱位とれましたがこれは自分の土地内で荒らされることもないからでしょう。
真っ白くてきれいなのは我が家では軽く塩をふって生のまま食べています。
味噌汁、炊き込みご飯、唐揚げ等いろいろおいしくたべられます。

投稿: スカーレット・クニコ | 2010.07.28 01:37

スカーレット・クニコさん、コメントありがとうございます。
そうでしたか、「幻のキノコ」といわれるほど減っているのですか。人の手にかかっても、1人1人が普通に接しているのなら問題はないはずなのですけれど、必要以上に多くの人がかかわったり、少人数であっても集中的だったり、産業にかかわるとなると、いろいろと困ったことが出てきますね。
私、食のほうには、思い入れがないのですけれど、自然豊かな土地の方々は、従来から、自然とうまく付き合ってきたのに、情報の錯綜する時代になって、あらゆる方面で同じような問題となってしまうのは残念です。

投稿: 代官 | 2010.07.29 06:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/40925521

この記事へのトラックバック一覧です: ツチグリ:

« 畦塗りと蛙の声と | トップページ | 晴天の旅行者(ツチグリ-その2) »