« ジョウカイボン | トップページ | カブトムシの角 »

ウスバカゲロウ

F2008_0628_191001
~極楽蜻蛉が飛び立つとき~

雨季の湿った空気にまだもうしばらくは付き合わなければならない6月末ころ、宵に帰宅して玄関に入ろうかというとき、忘れかけていたものを思い出させるかのように、ハラリハラリと、目の前を頼りなくウスバカゲロウが飛ぶのを毎年のように見かける。

玄関脇の軒下に砂を撒いてアリジゴクの育成環境を作ってあるので、ウスバカゲロウが羽化すると、すぐ近くにある玄関の外灯周りに引き寄せられてくるようである。

玄関先の外灯というのはそれほど明るいものではないから、その弱い明かりの中でゆらゆらと揺れながら飛ぶ影は、ともすれば視界の隅を幻影が通り過ぎたくらいにしか感じず、通り過ぎてしまいがちであるが、ふと、後から思い出したように振り返りって存在に気付くことが少なくない。極楽トンボという別名もうなずけなくはない気がする。

ウスバカゲロウの飛び方は、見方によってはハラハラと優雅にも見えるし、ヘラヘラとかナヨナヨとか頼りなく儚げにも見える。この昆虫は、以前アリジゴクの項にも書いたように、同じ「かげろう」の名が付き主に川を中心に棲息するカゲロウ類(幼虫が水生)とは、あまり関係がないのであはあるが、おそらく古来より、この手の形、この手のゆらゆらした飛び方の昆虫は、総じて「かげろう」と呼ばれるのだと、そう考えるほかないだろう。

ウスバカゲロウは、幼虫→蛹→成虫と完全変態をする昆虫で、昆虫として本格派である。成虫で生きていられる期間は2週から3週くらいでセミと同じくらいだろうか、この成虫の期間が短いのは、昆虫としてさほど珍しいことではない。昆虫の成虫というものは概して生殖のために特化した姿といっても過言ではないかもしれない。

ともあれ、真夏がまた一つ近付いた気がする。

|

« ジョウカイボン | トップページ | カブトムシの角 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5192/41729017

この記事へのトラックバック一覧です: ウスバカゲロウ:

« ジョウカイボン | トップページ | カブトムシの角 »