« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

小春咲き

K20081207113144
~初冬の枯れ野に咲くスミレを見つけた~

小春日和というのは、晩秋から初冬、月でいったら11月ごろの、天候が暖かくて穏やかな日をいうが、11月というと暖かな日もあり、急に寒くなる日もありで、特に外で活動するときには、暖かな日のありがたみを本当に感じて「小春」という言葉を使うのもよく分かる。

11月の半ばごろに寒くなり始めたとき、我が家の庭のあちらこちらで何株も育っているタチツボスミレの中の1株に、小さな蕾を見つけた。

スミレは、春以外にも閉鎖花といって、自家受粉で種を作る白緑色の開かない花をたくさん付けるが(→「夏のスミレの花」参照)、今回見つけた蕾は、その閉鎖花というものではない。春同様に、開けば紫系の花びらを開く花の蕾であった。

ここで、すぐに思い立ち、春にはタチツボスミレがたくさん咲く、近くの湖畔の斜面へと向かってみた。

そして、そこでスミレの株を端から端までくまなく見て回ると、案の定、3株ほど、紫色の花の蕾をつけたスミレを見つけた。

その後、何度となく開花する状態を確認しようと思ったが、週末に時間が取れるときに限り、悪天候ばかりで、つぼんだ状態かせいぜい半開きという状態までしか確認できなかった。また、家の庭の蕾は、残念ながらそのまましぼんでしまった。

12月に入り、気温は少々低くとも、陽射しの暖かな朝に、そろそろ厳しいかなとも思ったが、いつもの斜面を探してみると、スミレが見事に咲いていた。

さすが春の花。花の周りには暖かな春のオーラが出ているように思われ、陽だまりが一層暖かに感じられた。

広い野原で、見つけたのはたった2つか3つだけなのだけれど、もともと好きな花であるだけに、この12月の空の下で開くスミレの花を見つけられたのはうれしかった。

このように咲いた花を何と呼ぶだろうか。普通に使いそうな言葉では、「寒咲き」「返り咲き」「迷い咲き」「狂い咲き」「忘れ咲き」なんていう言葉も浮かぶ。

それぞれ、いろいろなイメージが織り込まれた味わいのある言葉で尊重したいが、今回スミレを見つけたときの私の印象を言葉にしたら「小春咲き」という言葉が勝手に出てきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »