小春咲き

K20081207113144
~初冬の枯れ野に咲くスミレを見つけた~

小春日和というのは、晩秋から初冬、月でいったら11月ごろの、天候が暖かくて穏やかな日をいうが、11月というと暖かな日もあり、急に寒くなる日もありで、特に外で活動するときには、暖かな日のありがたみを本当に感じて「小春」という言葉を使うのもよく分かる。

11月の半ばごろに寒くなり始めたとき、我が家の庭のあちらこちらで何株も育っているタチツボスミレの中の1株に、小さな蕾を見つけた。

スミレは、春以外にも閉鎖花といって、自家受粉で種を作る白緑色の開かない花をたくさん付けるが(→「夏のスミレの花」参照)、今回見つけた蕾は、その閉鎖花というものではない。春同様に、開けば紫系の花びらを開く花の蕾であった。

ここで、すぐに思い立ち、春にはタチツボスミレがたくさん咲く、近くの湖畔の斜面へと向かってみた。

そして、そこでスミレの株を端から端までくまなく見て回ると、案の定、3株ほど、紫色の花の蕾をつけたスミレを見つけた。

その後、何度となく開花する状態を確認しようと思ったが、週末に時間が取れるときに限り、悪天候ばかりで、つぼんだ状態かせいぜい半開きという状態までしか確認できなかった。また、家の庭の蕾は、残念ながらそのまましぼんでしまった。

12月に入り、気温は少々低くとも、陽射しの暖かな朝に、そろそろ厳しいかなとも思ったが、いつもの斜面を探してみると、スミレが見事に咲いていた。

さすが春の花。花の周りには暖かな春のオーラが出ているように思われ、陽だまりが一層暖かに感じられた。

広い野原で、見つけたのはたった2つか3つだけなのだけれど、もともと好きな花であるだけに、この12月の空の下で開くスミレの花を見つけられたのはうれしかった。

このように咲いた花を何と呼ぶだろうか。普通に使いそうな言葉では、「寒咲き」「返り咲き」「迷い咲き」「狂い咲き」「忘れ咲き」なんていう言葉も浮かぶ。

それぞれ、いろいろなイメージが織り込まれた味わいのある言葉で尊重したいが、今回スミレを見つけたときの私の印象を言葉にしたら「小春咲き」という言葉が勝手に出てきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シロバナタンポポ

N20080428124427s
~主に西日本に分布する在来タンポポ~

いつもの散歩道とちょっと違う道で、シロバナタンポポを久しぶりに見かけた。白いタンポポと聞くと、ある地方では当たり前かもしれないし、ある地方ではとても珍しく感じるだろう。だいたい関東の南西端以西の西日本に分布するタンポポであり、私のいる千葉県東部ではほとんど見かけない。

タンポポには、日本全国に広まったヨーロッパ産のセイヨウタンポポと、各地方に元々分布していた在来種、例えば関東地方ならカントウタンポポなどの日本のタンポポがあって、大雑把にいえば形はみな似ているが、その簡単な見分け方は、花の下側を包む総苞の外片を見ることである。

セイヨウタンポポはこれが反り返り、在来のタンポポの多くは反らずに花に圧着する。ただ、シロバナタンポポは、総苞外片がわずかに反るのだが、とにかく花が白いので他のタンポポとの違いが一目瞭然である。

在来種のタンポポであるとはいえ、このシロバナタンポポは、どうやら他の在来種同士の交雑によってできたタンポポであるらしい。そして、交雑で生まれたためかどうか、有性生殖ではなく単為生殖(または無性生殖。花粉が雌しべに受粉しなくても種子をつくれる。)を行う。

今回見かけたシロバナタンポポも、カントウタンポポのように群がってはおらず、2株ほどのごく少数だけそこにみられ、いかにも単為生殖の植物であるという感じはあった。

単為生殖で増えるというところは、セイヨウタンポポと同じである。となれば、セイヨウタンポポが開発で破壊された荒地環境へと勢力を広げやすいのと同様に、東日本の荒地にもどんどん勢力を拡大してきてもよさそうであるが、そこは、それほど単純な自然界ではない。

セイヨウタンポポは、四季にわたって開花するという強力そうな戦略を持っている(それが強いといえるかは一概に決められない)。しかし、他の在来のタンポポ同様に春しか咲かないシロバナタンポポには、セイヨウタンポポ同様に荒地へと進出する繁殖力はなさそうである。

それでも、草が高く生い茂る夏秋には無理をせず休息し、春だけに集中する在来のタンポポの生活スタイルにあった場所でなら、東日本のカントウタンポポやエゾタンポポの生息域にも勢力を伸ばしてきそうな気はするのだが。

ところで、そもそもタンポポという草、世界に目を向けると、単為生殖であるのが普通であって、日本在来の種のように有性生殖するタンポポというのは、むしろ、ごく限られた地域にしかない珍しいタンポポであるようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テイカカズラの綿毛

N20080223114757s
~冬の里山に飛ぶ大きな綿毛~

冬になると自宅周辺に花や昆虫の姿は少なくなるが、それでもカメラをぶら下げて野山を歩く。生き物たちの姿が少ない時期だからこそ、かえって小さなものにも目が届くものだ。そう、むしろ生き物の姿が豊富な夏よりも、冬や早春の方が自然の姿を細かいところまで観察しているといえるかもしれない。

冬に杉林などを歩いていると、何度となくテイカカズラの綿毛に出会う 林床にきらきらと光るものが目に入って、おやっと思って近付くと、どこから飛んできてここに落ちたのやら、この大きめの綿毛が風でふわふわとそこで揺れている。

綿毛の代表といえばタンポポだろう。タンポポの綿毛は、小さな種から一本真っ直ぐに伸びた軸の先でぱっと広がった形をしているが、このテイカカズラの綿毛は、細長くて少し大きめの種からいきなりブロンズの髪のように生えている。また、冬の野でよく見かけることのできる大きな綿毛として、もうひとつアザミの綿毛もある。アザミの綿毛は、毛の一本一本が鳥の羽のように更に細かく枝分かれしているのであるが、テイカカズラの綿毛は、しなやかな毛が長々とストレートに生えている。

テイカカズラは、本州~九州の温暖な地方に分布するつる植物で、他の樹に這い登り、樹の高いところで5~6月頃に白いジャスミンのような香りがある花を咲かせる。テイカカズラという名前を聞いたとき、もしかして藤原定家なんてことは?と思ったが、調べてみると案の定、藤原定家が生まれ変わったものだという話が出てくる。

地に緑の少ない時期ではあるが、緑色のコケの上などに降り立ったこのブロンドの大きな綿毛はとても目だっていて、見つけたときは、いつも輝く毛の繊細さにしばらく見とれてしまう。

他の画像はこちらへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンサク

N20080220083225s
~満作がまず咲く?~

今日、日中は春一番が吹き荒れた。3つ玉の発達中の低気圧が前線を伴って通過したからであるが、低気圧は東北方向の海上で一気に発達し、このあと季節風でぐんぐん冷え込んできそうである。
寒冷前線が通過する前の昨日から今日昼までは、本当に春がやってきたようだったけれど、こうやって行ったり来たりしながら進むのが季節というものだろう。

朝の通勤途上、よく皇居北の丸公園をふらりと散策することがある。数日前の天気のいい朝、わずかに春の気配を感じ、気持ちもいいのでまた朝の散歩を楽しんだ。すると、しばらく色の少なかった公園にチラリチラリと黄色い花を付ける木が見える。はて何の木が花を付けたのだろう。

近付いてみるとマンサクの花だった。この花の名は「まず咲く」の訛りだといわれる。たしかに、気温はほとんど冬のままであり、落葉樹で花をつける樹は周辺に見当たらないし、マンサクの木の枝にはまだまだ枯葉さえ残っていて、むしろ秋のようでさえあるくらいなのに、春まで待てずにまず花を咲かせている。

ただ、どうもこの花の名前の由来、それだけではいまひとつピンと来ない。「万年豊作」にちなんだ由来との説もあるようではあるが、何かもっと他になるほどと唸らせる意味があるような気がしてならないのである。たぶん、それは、この花が削りだしたような形というのか、はたまた、硬めの紙を雑に丸めたようにカクカクと巻いているというのか、ともかく、かなり変わった形であるのに、この非常に特徴のある花の形状が、名前に何か関係しないで済むのだろうかという思いがあるからだ。

他の画像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミコシグサ-ゲンノショウコ

F2007_1228_152258s
~花もいいけれど熟した実がかわいい形~

ミコシグサ(神輿草)とは、まさしく見たままの姿を現した名前であるが、この形には心惹かれるものがある。

この草の正式な名前はゲンノショウコ(現の証拠)という。夏から秋にかけての野山で、枝先や葉の付け根から出した軸ごとに2、3個のサクラ型の5枚弁の花を咲かせる。花びらの色は白、紅紫や淡紅など一様ではないが、我が家の周辺ではたいてい白だったと思う。そして、実が熟してくると展開して画像のような粋な形になり、この形が神輿にたとえられた。

それにしても、小さな草の種ではあるけれど、秋~冬の野にこの姿を見つけると、周囲が色をなくしている季節だということもあって、花のガクの部分の赤いふちどりに乗った神輿の飾りは、なかなか味わいのある色形ではないだろうか。

ゲンノショウコは、日本では江戸時代から民間薬として用いられ、時間をかけて十分煎じて服用すれば、食あたり、下痢、慢性の胃腸病、便秘などに効き目がある整腸剤となるらしい。飲みすぎによる副作用もないようであるから、「現に良く効く証拠」という名前に惹かれて胃腸の弱い私も飲んでみようかなという気にもなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイレンとハス

F2007_0701_060416 N20070701142811
~スイレン(左)もハス(右)も見ごろになった~

夏のまぶしい湖面を彩る花といえばスイレン。水面上に色鮮やかな花を浮かべる。

実際には、花は水面より少し高く咲くが、花が浮かぶといった方がイメージに近い。

スイレンとは「睡蓮」と書き、この名前でよく通っているが、実は日本に自生するスイレンはヒツジグサが正式な標準和名である。

ヒツジグサといわれても、どこがヒツジなのかと思うが、見た目が羊なのではなく、「未草」であり、午後2時ころ未(ヒツジ)の刻に開く花ということで付いた名前だと説明されている。

なるほど、と思ってしまいそうだが、観察力をお持ちの方なら、そんな時間にならなければ咲かない花だったろうかということに、すぐ気付くのではないだろうか、実際には、早朝から既に花は開き、夕刻近くまで花は開いているはずである。どうして名前だけそうなってしまったのか、よく分からない。

では、睡蓮という、よく通った方の名はなにかというと、これは中国名である。スイレンは花を閉じたあと、眠るように水中に没してしまうのであるが、この様を眠ると捉えたのだろうか。

一方のハスであるが、こちらはスイレンと比べて水面よりずっと上の方に花を付ける。そして、花はより大型であり、花びらに透明感がある。
ただ、横から見る限りは大変に秀麗なこの花も、真上から見ると、花の真ん中に果托といって、蜂の巣のようなもの、見方によってはブタの鼻のようなものがあるのが、ちょっと間抜けで可笑しい。

ハスという名は、その果托をハチの巣と見立てて、ハチスといったのが詰まった名前であるとされている。花が終わるとスイレンのように水中に没せず、そのまま花びらだけ落として果托が残る。きっと、その姿なら見覚えがあるのではないだろうか。

また、「蓮」も「睡蓮」同様に中国名であるが、正規には「蓮華」(レンゲ)といい、仏教上重要な花であることもよく知られる。きっと、草の「レンゲソウ」は、花が蓮華の花に似ているということなのだろう。

このほかにも、スイレンとハスではいくつもの違いがあって、例えば葉の形状で見ると、スイレンは、テカテカと艶があり、切れ込みのある円形をしていて水に浮くが、一方のハスは、表面はテカらずに水をはじき、切れ目のない円形の葉は、成長して伸びてくると、たいてい水面より高いところに開くなどまるで違うのであるが、全体としてはなんとなく似ているので、意識なく混同されていることが多いように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のスミレの花

F2007_0519_153459
~密かに付ける閉鎖花~

春の野や林床で、可憐な花を咲かせるスミレは、自分としては春の象徴の一つであり、その大きさ、姿勢、色ともに程よく好みであって、最も好きな花の一つでもある。

早春の、まだ草木に色が乏しい時期から、緑の葉と白~薄青~紫系統の花で野歩きの目を楽しませてくれるスミレだが、花が終わり、やがて、周囲の草花も芽を吹き、勢いを増して、新緑の季節ともなれば、いつしかその姿を目にしなくなくなってしまい、また花を咲かせる来春まで意識の奥にしまい込まれてしまう。

では、スミレは、春に花開き、その後は残った葉、茎ともに初夏までのうちにはなくなって、地中に姿を消してしまうスプリングエフェメラルの一種なのかというと、そんなことはない。
青々と繁った草の下で、ひっそりとした時を過ごしているのである。

そして、その時期のスミレは、他の草の緑色に隠れているから気付かないだけで、実は花さえ付けているということは、あまり知られていないのではなかろうか。

そうはいっても、夏の鬱蒼とした雑草の下に、可憐な薄紫のスミレが咲いているところなど見たことはないと思う。花を付けるといっても、あの春のような花を開くわけではないからである。

夏のスミレは花は付けるが、その花は開かない花である。閉鎖花といって、つぼみのような状態のまま、閉鎖された花の中で自家受粉しているのである。つまりスミレは、他の株から新たな遺伝子を取り込むのは春だけにし、夏はひたすら遺伝子はそのまま増殖あるのみという方式を採用しているわけであり、それはそれで効率がよいのかもしれない。

このスミレの閉鎖花を見つけるには、やはり、春のうちにスミレが咲いていた場所を記憶しておいて、他の草が繁ってからその場所をよく捜してみるのが手っ取り早い。

そこには、本当にひっそりと、地味な薄緑色の閉鎖花を付けたスミレが花を付けて人知れず暮らしているはずである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

八重山を歩く(8) ハイビスカス

F2007_0512_1655171
~島じゅうこの花で溢れている~

情熱的な赤が南国らしさを演出し、いやおうなく、トロピカルな環境の真っ只中にいることを認識させてくれるこのハイビスカス。

空の青、海の青との対比が素晴らしく、
熱帯植物園などの人工的環境で局所的に育成されているのとは違って、そこかしこの路地など、どこでも見かけることができ、周辺環境としっかりとした一体感を持って咲いていた。

このハイビスカス、標準和名で正式にはブッソウゲ(仏桑花や扶桑花などと書く)といい、ハイ・リゾートな雰囲気から急にイメージが変わるが、身近な芙蓉などと同じ仲間の花であるし、ハイビスカスというのは、芙蓉の仲間の総称であるらしく、よく見てみれば、フヨウやムクゲと同じ仲間の花であることはよく分かる。とはいえ、やはり、現地で珊瑚礁の明るく青い海をバックに赤々としたハイビスカスを見ると、ブッソウゲの名が少々の違和感を持つことは拭えない。

原産地はよくわかってはいないようだが、どうも、アフリカ系、東南アジア系の芙蓉の雑種であるかインド洋の島原産というのが有力なようである。おそらく、一般にはハワイやグアムといった太平洋の島のイメージが強いのではないかとも思われるが、それらの島にも、そして八重山にも、後に渡ってきたものであって、どちらが本場ということもないようである。

いずれにしても、南国らしい南国の花であることには間違いない。

※8話続けたこの「八重山を歩く」は、ここでひとまず終了しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプリング・エフェメラル

04190143
~儚い春を咲くニリンソウ~

山の早春、樹木がまだ芽吹ききる前の、明るい林床。夏は鬱蒼と暗くなるその一角は、このときばかりと賑やかに、しかし、ひっそりと可憐な花たちが姿を見せる時期である。

林の中には、春先3、4月ごろ、地中から顔を出して早々に花をつけが、花が終わる春たけなわから夏までは葉を残し、夏ともなるとはや姿を消してしまい、あとは翌春まで地下で過ごす草花の仲間がいる。そして、これらの仲間をスプリング・エフェメラルと呼ぶ。

「スプリング・エフェメラル」、その音の響きだけでもセンチメンタルであるが、意味も、エフェメラルが「かげろう」つまりは「儚いもの」をさす言葉であるから、春の儚い植物~儚い命の春植物といったような意味を持ち、まさしくセンチメンタルである。

代表的なところでは、カタクリやフクジュソウがあるが、このほかにもイチゲやニリンソウなどイチリンソウの仲間、エンゴサクやケマンなどの仲間が含まれるとおり、植物の種や属といった区分ではなく、もっと主観的な意味の仲間分けである。

スプリング・エフェメラルたちは、その受粉をもっぱら虫に頼る。春まだ早い時期のことであるから、活動している昆虫はまだそれほど多くはない。スプリング・エフェメラルの花が、比較的大き目で目立つ可憐な花をつけるのは、そういうこともあって、それら数少ない昆虫の目を引くためであろうか。

昆虫たちとの関わりの話とともに、もうひとつ、昆虫にもスプリング・エフェメラルと呼ばれる仲間がいることを付け加えておく。有名なギフチョウなどがその代表である。なるほど、上記の植物たちと生活史も似ている部分がある。

明日にでも、春の野山に出かけ、これら春の妖精たちに出会いたいものであるが、なかなか、現実の時間の制約がそれを許してくれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ウスジロカントウタンポポ

F2007_0303_113907
~外周がクリーム色の在来タンポポ~

この時期になると、いつも家のすぐそばで、タンポポを観察する。小さな小昆虫たちが花を出入りしている様がなかなか楽しいのである。

タンポポというと、元気なセイヨウタンポポの姿が浮かび、最近はすっかり日本のタンポポが少なくなったという話題になろうが、在来のタンポポとセイヨウタンポポは咲く時期にもずれがあって、我が家のまわりでは、この時期に咲くのは、ほとんど在来種である。

セイヨウタンポポと日本のタンポポは、外総苞片(花をすぐ下で包むような緑の部分)の反り返りの有無に違いで見分けがついて、反っているのがセイヨウタンポポだというのは、タンポポの入門編の話題である。

さて、日本のタンポポといっても、1種しかないわけだはなく、地域により、種の違い又は亜種又は変異があって、例えば我が地方で通常見られる在来タンポポは、カントウタンポポということになるが、トウカイタンポポであるとかシロバナタンポポであるとか、他地域で勢力のあるタンポポが多少なりとも混在しているときもあり、また、セイヨウタンポポ(単為生殖できる)が在来タンポポに雑種をつくることもあるようだ。

ところで、いつも小昆虫を観察しに行く土手に咲くカントウタンポポにも、実はちょっと変り種が混ざっている。

画像のタンポポもその1つであるが、全体の特徴はカントウタンポポそのものであるが、花の色だけが少々風変わりで、外周の花だけがクリーム色から白色を呈している。

このタンポポは、ウスジロカントウタンポポとされるようで、全部黄色のタンポポも健康そうでいいが、高級感というのか、なにか特別なイメージがあって気に入っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧